サボっている人も必要な人材?~働きアリのお話~

for-light-heart 心を身軽にする

サボっている人って職場にいますよね

職場という組織には、実に様々なタイプの人が集まっています。
騒がしい人や怒りっぽい人、ガサツな人やいい加減な人、挙げればキリがありません。
だから、組織の中で過ごすことだけでも、HSP気質の私にとっては神経の磨り減る大仕事です(汗)。
そんな中で、大多数の人は折り合いをつけて、上手く過ごしている訳です。
それができれば、苦労しないんですけどね…(笑)。

ここで、私の中でどうしても、納得のいかないタイプの人がいるんです。
あの人は、いつも何をやってるんだろ?
仕事を何もせず、喋ってばかりじゃん…
こんな人、あなたの職場にもいませんか?
私は、こういう人が許せないタイプでして(汗)、いつも目に付いてストレスの元になっていました。

ところが、あるお話を読んで腑に落ちてから、人の見方が少し変わったんです。
もちろん、本当に仕事をサボっているのなら、問題外なので淘汰されないといけません。
ただ、一見サボっているように見えても、組織全体として必要な人材ってこともある
今回は、そんなお話です。

働きアリもサボっている?

働きアリがサボるって、ジョークのように聞こえますが、本当にそういう研究結果があるんです。
働きアリの法則」と言うのですが、ご存知でしょうか?
詳しいことは、Wikipediaにみっちりと説明があるので、ココでは割愛します。(それだけ有名な法則なんですね。)
では、今回のテーマとして取り上げたかった、法則の要点だけを書き出すとこうなります。

  • 働きアリの群れの中で、本当に働いているアリは8割である
  • 残り2割のアリは、ずっとサボっている
  • サボっている2割のアリを排除すると、働いていたアリの2割がサボり始める

これ…、すごく面白い話だと思いませんか?
まるで、人間の組織を見ているよう…(笑)
実は、この法則を参考にして、人間の組織も運用されているらしいですよ。
どういう事かと言いますと、この法則のお話には続きがあるのです。

サボっている人は本当に不要か?

一般の民間企業であれば、利益を上げることが目的の組織ですから、不要な人材は淘汰されるのが普通です。
でも、働きアリの法則によると、一部のサボっている人は、必ずしも不要とも言えないようです。

普段サボっている人は、いざという時のための余力人員だと考えたら、どうでしょうか?
つまり、職場で不測の事態が起きてしまった時に、サボっていた人が主力になって動けるという訳です。
これが仮に、全ての人が普段からフルスロットルで働いていると、不測の事態に対応する余力が残っていないので、組織が潰れてしまうかもしれません。

このように考えると、働きアリの危機管理能力には、感心させられますよね。
ただし、人間の世界の場合は、単にサボっているだけの人もあり得るので(皮肉w)、そこを見極めるのが管理職の手腕なのでしょう。
それは兎も角も、働きアリの法則のお話は、集団にいる時の考え方の指針として、とても有効だなと感じるのです。

多様な人で組織は成り立つ

働きアリの法則を踏まえて、職場の人間模様を眺めてみると、今までと見方が変わってきませんか?
様々なタイプの人が集まっているから、上手くバランスが取れているんだなぁ…と。
私の場合、サボっているように見える人に対しても、大らかな捉え方ができるようになりました。

つまり、自分に合わない人をバッサリと切り捨てるのは少し考えものだな…、と思えるようになるんです。
今は、職場の人間関係で悩んでいる人も、このお話をキッカケに、解決の糸口が見つかるかもしれません。
人間関係のしんどさって、自分の偏った見方が引き起こしている場合が、結構ありますもんね。

今回は、生物学の分野からの内容でしたが、最先端物理学にも絡んでいて面白いので、テーマとして取り上げてみました♪
人は変えられないですが自分は変えることができます
こういった知識を取り入れるのも、生きづらさを減らす知恵かな…、と感じる今日この頃です(^^)

タイトルとURLをコピーしました