ToDoリストと手帳をシンプルに使い分け

for-light-life 生活を身軽にする

手帳に書く程ではでいけれど、忘れたくないことってありますよね。
そんな時は、手帳とToDoリストを使い分けると、頭がスッキリしますよ(^^)b

もの忘れ防止の定番「ToDoリスト」

もの忘れ防止に使うツールといえば、「ToDoリスト」が定番だと思います。
やることを思いつくがままに箇条書きにして、済んだらレ点を入れるなり二重線を引くなりして消し込む、アレです♪

気の利いたToDoリスト付きの手帳を使ったり、白紙のスペースに自分で書き込んだり…、使い方は人それぞれでしょう。
例えば、大きめの付箋にToDoリストを書き込んで手帳に貼り、週や月が替わったら付箋ごと貼り替えるという使い方は、されている方も多いと思います。

また、ひとり1台はスマートフォン(以下、スマホ)を持つようになった現代では、ToDoリストのアプリを使う人も多いのではないでしょうか?
スマホのアプリでToDoリストを管理する一番のメリットは、紙の手帳を開くよりも手軽にチェックできることだと思います。

そういう意味で、ToDoリストはスマホと相性がとても良い♪
その証拠に、検索しただけでも実に色々なアプリがあって、どれを使おうか目移りしてしまいますよね(笑)。
中には、有料ではあるけれど非常に高機能なものもあり、つい手を出したくなります。

高機能なアプリの落とし穴

でも…そこで、ちょっと立ち止まりましょう!(←大げさw)
色々と試してみるのはいいのですが、どんどん深みにはまってしまうんですよ。
機能を使いこなすことが目的になって、本来の目的がすっ飛んでしまう
そして、膨大な時間を費やした割には、まだアプリ探しから抜けられない(汗)
あなたも、そんな経験ありませんか?

私も今までに、いくつかのアプリを試してきましたが、高機能なものは馴染めませんでした。
始めのうちは、やる気満々で活用しているつもりなのですが、気がつけば使わなくなっているのです…。
自分の使い方に見合ったものを選ばず、付いている機能に使い方を合わせてしまうから、アプリに振り回されて本末転倒になるんですよね。

いま一度、基本に立ち帰ってみましょう。
ToDoリストを使う目的 は何ですか?…、もの忘れの防止ですよね。
もっと言えば、近々やることのリストアップ、これだけです。

それなら、スマホが無かった時代に倣って、シンプルなToDoリストで十分なのです。
私の場合は、iPhoneの純正アプリに落ち着きました(笑)。

ToDoリストのシンプルな使い方

使い方は人それぞれですが、私は今のところ、以下の2シートに分けてToDoリストを使っています。

「すぐに」やること

おおむね1~2日以内に済ませたいことは、こちらにリストアップします。
手帳に書き込む程ではないけれど忘れたくはないなぁ…、なんてことがあると思います。
そういったことは躊躇なく、こちらに書き出してしまうのです。
また、出先でふと思いついたことも、どんどん放り込むだけで済むので便利です♪

「そのうち」やること

急ぎではないが、近いうちに済ませたいことは、こちらにリストアップします。
また、「すぐに」やるつもりが保留になったことは、こちらへ移動させるという使い方をします。
さらに、定期的に決まっていて忘れがちなことも、アラームを設定してこちらにリストアップしておきます。
つまり、このシートはアプリを開く度には確認しない、という訳です。

手帳と併用するのがポイント

以上は、私なりのToDoリストの使い方ですが、キッチリと線引きしておきたいポイントがあります。

先々のことは、ToDoリストには入れず、手帳に書き込むこと

理由は、リストの消し込みで頭をスッキリさせることも、ToDoリストを使う目的だからです。
いつまでもリストが残っていると、確認する度に読み返す羽目になり、無駄に頭が疲れてくるんですよね。

上で挙げたように2つのシートを分けたのも、そういう理由から思いついたのです。
つまり、毎回確認する「すぐに」シートが空になれば、スッキリするという具合です。

以上は、あくまでも私なりの使い方なので、ご自分の生活スタイルにあわせて調整されると、より便利になると思います。
頭の中はなるべく身軽にして、快適な生活を送りましょう♪

タイトルとURLをコピーしました