ジョゼから学ぶ障害者社会のあり方

こんな方に向けて書きました♪

  • 奥の深い映画作品を観るのが好きだ
  • 障害者社会の現状に違和感を感じる
  • 本当の平等とは何だろう?と考える

ジョゼと虎と魚たち』という映画

突然ですが、あなたは『ジョゼと虎と魚たち』という映画を知っていますか?
冒頭から、”ジョゼ”って何?と思われたかもしれませんが(笑)、この映画に出てくる主人公の名前です。
主演は、ジョゼ役の池脇千鶴さん,お相手役の妻夫木聡さんで、犬童一心監督が制作した日本映画です。
乳母車が坂道を転がる強烈なシーン、と言えばピンとくる人もいるのではないでしょうか。
大ヒットしたような派手な作品ではありませんが、一番好きな映画だと挙げる人はちらほら見かけます。(映画好きな人に多い気がします。)

ジャンルは何かと言いますと、恋愛物語(ラブストーリー)に分けられているようです。
ネット上のレビューを見ても、切ない恋愛模様といった内容のものが多いですね。
私も初めて観たときは、繊細な恋愛感情を表現した見事な演技に、胸をキューっと締め付けられたものです。

想像を掻き立てられる奥深さ

その後も、ふと思い出したように観返したくなるので、DVDを購入しました。
実はこの映画、単なる恋愛物語ではなく、色々な捉え方ができる奥の深い作品なのです。(それゆえに一定の支持があるのでしょうね。)
以前に私は、新宿の某ミニシアターで行われた、犬童監督と池脇さんのトークショー付き上映会に行ったことがあります。
トークショーの中で、犬童監督もその辺りのことについて言及されていて、思わず納得させられました。

私は、本作品を観返していくうちに、障害者とか部落とかいった根深い問題に切り込んでいる作品だと感じるようになりました。(著作権上の問題から具体的なストーリーは割愛します。)
『不遇な境遇に生まれ育った足の不自由なジョゼ(池脇)が、大学生である恒夫(妻夫木)と惹かれ合い、一度は外の世界に繰り出すものの、越えられない壁への葛藤に苦しむ…』
この辺りの物語の展開が、障害者と現代社会とを取り巻く闇を風刺しているように思えたのです。
いわゆるタブーなテーマに触れた作品というのは、万人受けしないのが定番だそうで、犬童監督も苦笑いしながら話されていました。

障害者社会の現状に感じること

思えば近年、世間は「障害者にやさしい社会」を掲げる一方、それに付け入るクレーマーのような障害者の人を見かけます。
これは、体罰とモンスターペアレントの問題に通ずる、とても滑稽な状況になっている気がするのです。
何が原因なのかは難しいところですが、個人的には「場をわきまえていない」ことではないかと思っています。(私も身体障害者なので暴言のつもりはありません。)

例えば、背の小さい人が警察官になろうとしても、身長制限の規定上なれないことがあります。
これは、どんなにクレームを入れたところで、どうにもなりませんよね。
一方、障害は個性だと主張しておきながら、何にでも配慮するよう要望する人がいます。(某有名人にもいましたね。)
自己矛盾していることが分からないのか?と、違和感を覚えるのは私だけでしょうか…。

もちろん、社会の側にも原因はあると思います。
世間の風潮にあおられ、障害者への配慮をし過ぎている節があると思うのです。
過度な配慮や特別扱いは、私としては逆差別を受けていると感じます。
世間は「平等な社会を」と言いますが、「平等という名の不平等」ではないでしょうか。

ぜひお勧めしたい一本

『ジョゼと虎と魚たち』は、このような現代社会の闇を予言していたかのように、問題提起をしている作品だと思うのです。
私は、非常に鋭い視点で描かれた本作品を、これからも繰り返し観ると思います。
また、別の捉え方もあると思いますので、観たことがない人にはお勧めしたいです!
ちなみに、”くるり”というミュージシャンが担当する主題歌『ハイウェイ』も、映画の雰囲気にとてもマッチした良曲ですよ♪