大学の教科書は卒業したら売却すべし

for-light-life 生活を身軽にする

大学を卒業するときに、扱いに迷うのが沢山の教科書…。
高校までと違い、大学の教科書って高かっただけに、処分するのは躊躇いますよね(^^;)
今春に卒業する人は、どうされますか?

大学の教科書は持っておく派?

はい…、私がそうでした。
社会人になってから、折に触れて読み返すかもしれないと思い、ほぼ全部、就職先へ運びました。
いやぁ~、重かったですよ(汗)、量が半端じゃないですからね。

しか~し、就職先の仕事で、大学の教科書を開くことなんて、ハッキリ言って無い!
高い金を払って買ったんだからとか、近い将来に使うはずとか、無駄なこと考えない方がいいです。
だって、余計な引っ越し荷物と、運んで保管する労力が増えるだけですから…。

そもそも、大学の専攻と同じ就職先に決まる人って、ごく稀ですよね。
仮に、ピッタリな就職先に決まっても、希望通りの配属になるとは限りません。
そんな低い確率に、片付けの時間と労力をかけるのは、非常にもったいないですよ。

大学の教科書は卒業時に手放そう

もちろん、よほど愛着があって手放せない教科書まで、手放せとは言いません(笑)。
でも、そういう大事な教科書って、せいぜい数冊ですよね。
それ以外は、何らかの手段で手放すのが、賢い選択だと思いますよ。
例えば…

後輩にあげる

サークル活動をしている人なら、同じ学科の後輩がいるかもしれません。
その後輩に譲ってあげるのは、よくありがちなパターンだと思います。
私も、サークルの後輩に何冊かあげて、とても喜んでもらえました。
しかし、ピッタリ合う後輩は中々いませんし、タイミングの問題もありますから、運が良ければ…な例ですよね。

古本屋で売る

古本屋の定番と言えば、ブックオフがありますね。
微々たる金額とはいえ、無駄なものを片付け運ぶ労力を考えれば、売った方がはるかにマシです。
ただ、大学の教科書って相当マニアックなので、ブックオフで買い取ってもらえるのでしょうか?
私は、現役のときに試していないので、その辺りは不明です。

以上を振り返ると、大学の教科書って高価なだけで、非常にコスパが悪いですよね。
ところが、今どきの教科書事情は違うようで、こんなサービスをしている会社があるんです☟

大学の教科書の買取専門サイトがある!

私が学生の時代は、インターネットが普及し始めた頃でしたから、今の学生さんが羨ましいです(笑)。
この買取サイト、大学・短大・専門学校の教科書の買取専門店なので、まさにピッタリの売却手段ですよね♪
しかも、書き込みをしている教科書も可とのことで、買取査定を試してみる価値がありそうですよ。

ここで、大学の教科書のジャンルによって、査定額に差がみられるとのことで、少し注意が必要ですね。
具体的には…

  • 医学部系,理工学部系,経済学部系:高額の査定額が付きやすい
  • 看護系,保育系,法律系:査定額が低額か付きにくい

後者のジャンルは、教科書の内容の改訂が頻繁に行われるから、という理由だそうです。
そういえば…何となく、イメージが湧きますよね。
法律系資格のテキストにしても、数年も経つと買取価格が只同然になりますから…。

とは言え、他の古本屋へ持ち込むよりは、断然コスパが良さそうだと思いませんか?
インターネットで何でもできる時代、便利なサービスは活用して、身軽になって卒業しましょう♪

タイトルとURLをコピーしました