より読みやすくなりました♪

お立ち寄りいだたき、ありがとうございます。
モバイル端末での読みやすさ向上のため、デザインを刷新しました。
内容は変わりありませんので、ご安心ください♪

仕事を辞めたいと思ったら…

for-light-heart 心を身軽にする
スポンサーリンク

こんな方に向けて書きました♪

  • ‘今の仕事を続けることに不安がある’
  • ‘仕事に行きたくなくて限界がきている’
  • ‘仕事が続かず転職を繰り返している’
スポンサーリンク

今の仕事を辞めたい…

安定して長く勤めている人でも、一度は思ったことがあることでしょう。
特に年度末の時期は、ひとつの節目になることが多いので、ぼんやりと考えてしまいがち…。
新しい職場に就いてから3か月経った頃も、辞めたくなる危険な時期だとよく言われます。
また、HSP気質の人なら余計に、このような悩みを抱えやすいのではないでしょうか?

HSP気質って何?…、コチラの記事をご覧ください☝

~仕事の悩み相談をご検討の方へ~

coconala(ココナラ)の無料登録は
☟コチラから♪

スポンサーリンク

判断を早まるのは危険

実は…、この記事を書く1年前の私が、まさにその状態でした。
私は当時、正社員だった職場でうつ病を患い、休職を繰り返した末にパートタイマーとして復職しました。
しかし今度は、やりがいやら給料やらに不満を抱くようになり、モチベーションがズタズタになったのです。
職場では、毎日のように転職の二文字が頭をよぎり、休日にはネットで求人情報を眺めたものです。

ここで、注意していただきたいのは、落ち込んでいたり感情的なときに重大な決定をするのは危険、という点です。
この頃の私は、うつ病は寛解したものの経過観察中だったため、現職に留まるようハローワークの職員さんに諭された経緯もありますから…。

スポンサーリンク

辞めたい理由を分析する

辞めたいと思うからには必ず理由があり、それをじっくり検証することが非常に大事です。
私はこの1年で、書籍や人からのアドバイスをもとに、 辞めるかどうかを検証する3つのポイントを整理して考えました。

1.賃金面

同業である他の職場と比べてどうなのかを、交通費支給や昇給制度等の有無も含めて比較します。
例えば、現職の給料が他と比べて安いと判明しても、昇給の望みが十分にあるのであれば、留まるためのプラス材料になりますよね。
逆に、いくら現職の給料が他に比べて高くても、正社員並みの仕事を任され昇給の望みも無いのであれば、留まるにはマイナス材料だと感じます。

2.やりがい

現職を続けて、確実に経験を積み上げられる雇用環境なのか、(パートタイマーなら)正社員登用の望みがあるか等について、分析してみると良いと思います。
特に、経験を積んでスキルアップを図れるかどうかは、雇用形態云々よりも大事なことだと感じます。
また、正社員になったらどんな雇用条件になるのかについても、就業規則を熟読して調べておくことが大事です。

3.環境面

職場環境と言っても、何を重要視するかは人それぞれですが、最終的に一番問題になるのは、やはり人間関係ではないでしょうか?
職場というのは、毎日長時間を過ごす場所ですから、人間関係が悪いと毎日が本当に辛いです。
けれども、人間関係がすこぶる良くて毎日通うのが楽しい♪、なんて人は殆どいないのが現実だと思います。
ここで、重要だけれども意外と見落としがちなのが、昼休みの過ごしやすさなんです。
あなたがHSP気質の方でしたら、痛いほど分かっていただけると思います(笑)。
昼休みを十分に寛げない職場ですと、じわじわと精神的なダメージを受けるんですよね。
この”じわじわと”が曲者でして、毎日我慢し続けているうちに気がつけば、大きなダメージになってしまうんです。(ボクシングで例えるとジャブパンチみたいなものでしょうか。)

スポンサーリンク

辞めるかどうかを検証する

まず、これら3つのポイントのうち、2つ以上を満足していれば、もう1年は続けた方が良さそうです。
何社も転職した私の経験上、そういう職場って本当に少ないからです。
辞めてしまってから後悔しても、取り返しがつきませんので、ここは慎重に検証しましょう。

次に、1つしか満足していなくても、その満足度が抜きん出ていれば、冷静に考えた方が良いと思います。
例えば、給料は安いし人間関係も悪いけれど、やりがいは抜群だから続けられそう、といった感じです。
もう1年続けるうちに、不満材料が改善されるかもしれませんし、こればかりは自分自身の価値観との相談ですよね。

そして、上記のどちらにも当てはまらない場合は、キッパリと辞めてしまった方が自分のためだと思います。
そんな状態では、もう1年なんて続かないでしょうし、精神を病んでしまう危険性があるからです。
そこまで我慢して会社に奉仕したところで、病んでしまっても会社は助けてくれませんから…。

最後に、しんどいかもしれませんが、答えがブレなくなるまで検証を繰り返すことが大事です。
私は、これらの検証を繰り返した結果、転職の道を選ぶことにしました。
そして今は、しんどいなりにも転職先の職場で、勤務を続けられています。
今は悩まれているあなたも、ぜひ良い方向へ向かうと良いですね♪

HSP気質から職場で苦労している方向けに、こんな記事も書いております☝
タイトルとURLをコピーしました