より読みやすくなりました♪

お立ち寄りいだたき、ありがとうございます。
モバイル端末での読みやすさ向上のため、デザインを刷新しました。
内容は変わりありませんので、ご安心ください♪

家電は賢くお得に揃えるべし

for-light-life 生活を身軽にする
スポンサーリンク

こんな方に向けて書きました♪

  • ‘初めての一人暮らしで家電を揃えたい’
  • ‘家電量販店で店員とのやりとりが苦手だ’
  • ‘新しいモノに飛びついては使わずじまいになる’
スポンサーリンク

家電を揃える楽しみ♪

4月から新生活が始まった人は、だんだんと様子が分かってくると余裕ができて、休日は家電を揃えに出かけるのではないでしょうか?
ネットショッピングが当たり前となった昨今では、家電量販店の実店舗の経営がしんどくなっているとも聞きますが、それでも一度は店頭に並んでいる実物を見に行くと思います。

この時期は、家電量販店に行けば新生活応援セールと謳って、定番の家電をセットにしているのを見かけますよね。
ちなみに、私が初めて一人暮らしをした頃には、小型テレビ・冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・掃除機…といった家電が、定番としてセットで売られていたのを覚えています。
ところが最近は、時代の流れと言いましょうか、テレビは要らないと言う若者が多いそうで、テレビはあまりセット販売されないようですね(笑)。

それはいいとして、実店舗で実際に家電を見て回るのは、ネットショッピングにはない魅力だと思います。
店内をブラブラしながら、家電に触れてみるだけでも、ワクワクしてきますもんね♪

スポンサーリンク

新生活セールにありがちな失敗

しか~し、ここで立ち止まりましょう(笑)。
セールのうちに買うとお得だからといって、一気に買い揃えるのは考えものなのです。
余計なモノを増やしたくないという、ミニマリスト的な気質の方なら尚更ですね。
なぜなら…

ハズレを引きやすくなるから

まず、「新生活セット」のように抱き合わせで売られているモノは、手を出さない方が無難だと思います。
一見するとお得感はありますが、安いのには必ず理由がありまして…、売れ残り品を在庫処分のために含ませている場合があるのです。(その辺に拘りががなければ、もちろん問題ないです。)
また、オーディオプレーヤー等でよく見かける「売れ筋ランキング」も、真に受けない方がよいでしょう。(理由は上に同じです。)

売れ残るモノって、これまた売れない理由がある訳でして、使い勝手が悪いとかデザインがダサいとか…。
だから、使っているうちに不平不満が出てきてしまい、他のを買えばよかった…となりがち。
我慢しながら使い続けるようでは、もはや余計なモノに他なりませんよね。

スポンサーリンク

あえて新製品を避けるメリット

家電製品は安い買い物ではないですから、失敗は何としても避けたいものです。
ここで、「ハズレを引きやすい」という点で、もうひとつ気を付けたいポイントがあるんです。
私も経験したことですが、家電製品の買い物で失敗しないためには…

新製品に飛びつかないこと

逆に言えば、1サイクルほど型落ちしたモノが買い時、だと経験的に感じます。
これには理由がありまして…(もちろん一概には言えないことを予め断っておきます。)

不具合に合いにくい

新製品って、各メーカーとも競争で開発していますから、ギリギリのところで発売にこぎ着けているんですね。
その結果、消費者の手元に渡った後に、悪条件が重なって不具合が出ることがあるんです。
逆に言えば、型落ち品は不具合が出にくい傾向があります。
実は、販売メーカーは新製品の発売後も、動作テストや製品内部の改善を行っています。
そのため、もちろん性能は発売当初と同じですが、型落ち品になった頃に作られたモノは、若干の品質向上がなされていることが多いんです。

格段に安く購入できる

これは、店頭での割引率だけを言っているのではありません。
販売メーカーの企業努力により、元の価格が大幅に値下げされることがあるのです。
例えば、某テレビゲーム本体は発売から1年後くらいに、大幅値下げされるのが定番ですよね。
先ほども書いたような改善の過程で、部品等のコストダウンがあり得るからです。
発売当初より品質が向上したものを、しかも大幅に安く買えるというのは、非常にお得で賢い買い方ですよね♪

結果的に長く使える

新製品を買うと、いち早く新しい機能にありつけるメリットはありますが、その機能が本当に便利なのか?…、ここが不透明なんですよね。
実際に買ってみると、余計な機能で煩わしくなり使わなくなった…、なんてこともあり得ます。
その点、型落ち品に付いている機能は、使い勝手や評判を調べることができます。
そうやって、自分でじっくりと検討してから買うと、満足感が上がり長く使えますよね。
また、型落ち品は品質が向上していることが多い点を踏まえても、長く使える可能性が高まる訳です。

中古やレンタルも選択肢に入れる

ここまで、新品の家電を購入する前提で書きましたが、リサイクルショップで中古品を探す方法もありますよね。
ただ、失敗しないためには上で書いた以上のコツが必要ですので、中古品に手を出すのは上級者向けだと個人的に思います。
例えば、中古品の割には価格がさほど安くないなぁ…、なんてことも往々にしてありますし…。

また、使い勝手を試してみたいとか、ずっと使うか分からないという場合は、レンタルサービスを利用するのがお勧めです♪
特に、生活必需品でない場合は、急いで買う必要がないので、レンタルで試すという選択肢が安全ですよね。
そんな時は、店員の口車に乗せられず我慢して(笑)、先ずはこんなサイトで調べてみましょう☟

Rentio[レンティオ]-カメラと最新家電のレンタルサービス

せっかくの新生活、気持ちよく身軽に始めたいものです。
家電は、安い買い物ではありませんし、いったん所有してしまうと、処分するにも厄介になりがちです。
余計なモノはなるべく買わず、家電製品を賢くお得に揃えましょう♪

タイトルとURLをコピーしました