電子書籍は記憶に残りにくいと思う

こんな方に向けて書きました♪

  • 電子書籍で勉強しようと思っている
  • 電子ペーパー端末に興味がある
  • 電子書籍のメリットが分からない

電子書籍のメリット

今や、大画面のスマートフォンが当たり前の時代、タブレット端末なんか非常に安く買えるようになりました。
その流れもあってか、日本でも電子書籍という言葉を見かけるようになりました。

電子書籍のメリットといえば、やはり持ち運びに便利であることでしょう。
普段からタブレット端末を持ち歩く人なら、その中に何冊もの書籍が入っている訳ですから。
小説や漫画本であれば、大画面のスマートフォンでも事足りるかもしれません。
とにかく、紙の本を持ち出す必要がないどころか、出先で読みたい本を選べるメリットは大きいです。

そんな電子書籍、アメリカをはじめ外国ではすっかり浸透しているようですが、実は日本でもけっこう以前からありました。
電子書籍の専用端末というものもあり、国内メーカーではSONYが先陣を切って販売していました。
電子ペーパーというディスプレイ技術が使われた、読書特化型のタブレット端末とでも言いましょうか。(Amazonのkindleが有名ですね♪)
新しい物好きの私は、その薄さと軽さに惹かれて、SONYの端末買ったものです(笑)。

電子ペーパーというディスプレイは、見え方が紙に近いため目に優しいと言われます。
それに加え、とても薄くて軽いのに電池の持ちがダントツに良いという、モバイル用途として最適なメリットがあるのです♪
特に、SONYの後発として参入した楽天の端末は、性能や使い勝手のバランスが非常によく、私も愛用しています。
でも、すでに出回っているタブレット端末に比べ、用途が極めて限定される割に高価なことから、日本ではどうも受けが悪いようです。
その証拠に、電子ペーパー端末を使っている人を、街中で見かけることがないですよね。
個人的には、もっと浸透してもいい頃だと思うのですが…。
ちなみに、漫画本を読む用途としては、割と受け入れられているようです。

電子書籍が日本で浸透しない理由

それにしても、これだけ優れた専用端末がありながら、いまいち日本ではパッとしないのは何故でしょうか?
私も前々から危惧していたのですが、端末云々だけではない基本的な問題点があるんですね。

電子書籍の規格が散在している

例えば、今では当たり前となっている、電子マネーってありますよね。
あれが世の中に登場した頃は、買い物系のEdyと交通系のSuicaくらいしかありませんでした。
その後、爆発的に浸透していき、各社が独自の名前で電子マネーを始めましたよね。

ところが、ここからが問題でして…、それら電子マネーの規格まで独自なため、相互利用ができない訳です。
ちなみに外国では、このようなことは少ないそうでして、来日した外国人は呆れているそうですよ。
この類の問題は、もはや日本のお家芸と言いますか(皮肉です…)、デジカメのメモリーカード,QRコード決済…と、同じことを繰り返してますよね。
もちろん、電子書籍の場合も、漏れなく付いてきたという訳です。
メーカー側が利用者の利便性を全く考えず、客の囲い込みによる利益を優先していることが原因なのです。

ちなみに、現在の電子書籍の業界は、Amazonのkindleを筆頭に、楽天のkobo,SONYのReaderの3つがメジャーですが、もちろん互いの端末で読むことはできません。
すると…

  1. 出版社:どの規格を採用するか別れるため書籍のラインナップも散在する
  2. 利用者:ラインナップが落ち着くまで手を出さず様子を見よう
  3. 出版社:一向に普及しないからラインナップを充実させるのは控えよう

といった悪循環が起きているのは、想像に容易いです。

価格面のメリットがほとんど無い

外国の場合ですと、紙の書籍よりも電子書籍の方が安い、というのが常識だそうです。
少し考えてみれば、当然のことですよね。
書籍が消費者の元に渡るまでにかかる、印刷代やら人件費やらのコストが、電子書籍では随分と省かれますからね。
しかも、紙の書籍なら古本屋に売却できますが、電子書籍はそれができません。
このように、電子書籍には価格面で割安になる要因が、いくつもある訳なのです。

ところが、日本の場合はどうでしょうか?
楽天ブックスというショッピングサイトが分かりやすいので、目的の本を検索してみてください。
電子版が割安になっている本って、ほとんど無いんですよ。
あったとしても、微々たるもの…。(それ以前に、電子化されてる本自体が少ないですし。)
これでは、日本で電子書籍が普及しないのも、当然と言えますよね。

以上が、日本で電子書籍が浸透しない主な理由と考えられるのですが、実はもうひとつ、根本的な問題点があると言われているのです。

読んでも記憶に残りにくい

これは、感覚的なものなので説明し辛いのですが、私も体感したので何かが関係していると考えています。
しかも、この類の研究に関する記事を以前に見かけたことがあるため、個人的な思い込みではないでしょう。

私は数年前まで、弁理士試験という難関資格に挑戦していました。
働きながらの勉強でしたから、出先での細切れ時間も有効に使っていたものです。
ところが、試験勉強で使う書籍が分厚くて重いものばかりなので、途中から電子書籍に目移りしたんですね。
これが、決定的な誤算になろうとは、その時は想像もしませんでした。(詳しくは別の記事で触れています。)

簡潔にまとめると、次のようなデメリットがあったのです。

  • 勉強するには使い勝手が悪い
  • 端末の設定に気を取られる
  • まるで読んだ気がしない

最後の”読んだ気がしない”…、コレがおそらく一番の決定打だったのでしょう。
それまで右肩上がりだった成績が、停滞を始めて一向に手応えが無くなり、ついには下がり始めたのです。
結局、弁理士試験は途中で挫折してしまい、とても悔やまる結果となりました。

具体的に何と説明しましょうか…、字面を追っているだけという感覚なんです。
また、紙のようにページをめくる動作が無いため、この辺りを開けばあの内容だったな…、という感覚が無いんですね。
これは、その当時に通っていた予備校の講師が言っていたことですが、本気で勉強するとは五感をフル活用することなんです。
その五感が、電子書籍ではフル活用できていないから、読んでも記憶に残りにくい…。
科学的な根拠は無いですけども、これが私の体感的な結論です。
ですから、特に難関資格を目指す人は、紙の書籍を使った方が無難で確実ですよ!

適材適所に活用する♪

とはいえ、電子書籍は全く利用価値が無いかと言えば、そうではありません。
メリットだけを活かせる場面で、上手く利用すればいいのです。
今のところ、私が思い当たる利用シーンは、以下のような感じですね。
中でも、青空文庫を利用できるのは、一番のメリットかなと思います♪

  • 辞書などの調べもの(検索性には優れているから)
  • 小説などの試し読み(無料でダウンロードできる)
  • 漫画本を読む用(記憶に残りにくくても支障ない)
  • 青空文庫を読む用(無料で読み放題!)

最後になりましたが、お勧めの電子ペーパー端末を、ご紹介しておきます。
本当は、kobo aura ONE というモデルがダントツでお勧めなのですが、残念ながら生産終了したそうで…。
その後継機がコチラとのことで、性能や使い勝手が改善されているようです。

Kobo Libra H2O (ブラック)

価格:25,080円
(2019/10/19 21:51時点)

少々お値段が…(笑)という方には、小さい画面サイズのモデルもあります。
新しい物好きの人でしたら、色々と楽しめると思いますよ。
新しい技術は、使われるのではなく、上手く使ってやりましょう♪

Kobo Clara HD

価格:15,180円
(2019/10/19 21:53時点)