肌が合わない人だと感じたら距離を置くのが一番

clover-on-spoon HSPの過ごし方
この記事は約4分で読めます。

組織に属すれば、肌が合わない人は必ずいるものです。
特に、HSP気質の人だと、敏感に察知してしまうから、しんどくなりますよね(^^;)

人が集まると付きまとう問題

就職や転職で、新しい環境に身を置いて数ヶ月が経つと、新しい仕事や普段の過ごし方に慣れてきます。
また、学生さんの場合も同じで、1日の過ごし方や1週間の流れが固まってきます。

でも、入れ替わりのように新たな試練と言うか、悩み事が出始めるもの…。
その多くは、人間関係ではないでしょうか?
特に、HSP気質の人だと、人間関係で悩みやすいと思います。

HSP気質とは?…、コチラの記事をどうぞ☝

人が集まると、何となくグループで固まり始め、だいたい数ヶ月が経った頃に、メンバーが固定されますよね。
でも、同じグループの中に、実はあの人は苦手なんだよな…、って人がいたら困ったものです(汗)。
嫌だなぁ…と思いつつも、グループから離れる勇気もなく、ズルズルと関係を続けてしまいます。

第一印象はなかなか拭えない

私も、高校へ進学した時に、苦い経験をしました。
中学校は違ったんだけれど、小学校は同じだったCさん(仮名)と再会し、しかも同じクラスになったんです。
ただ、幼馴染みだった訳ではなく、一緒に遊んだ仲でもなく…、という程度の距離感でした。

ところが、高校での再会の時に、ビビッと感じたんですよ。

何となく、歓迎されていないような、一歩引かれているような…、そんな違和感を覚えたんです。
決して、嫌悪感を丸出しな態度ではなく、むしろ愛想は良かったんです。
でも…、一緒にいて何となく、居心地が悪いんですよね。

その後も、距離感を掴めないまま過ごすうちに、他にも何人か集まり始め、グループができちゃったんです。
後から来た人は、私がCさんと幼馴染みだと思い込んでいるため、後戻りできない状況になってしまいました。

私は、Cさんを好意的に受け入れようと、何とか工夫を凝らしました。
…が、第一印象って拭えないものでして、どんどんギクシャクする一方でした。
そして、ついに相手が不満を爆発させたのを機に、私はグループから弾かれてしまったのです。

人の見た目って、やはり大事だと思うのです☝

苦手意識は相手に伝わるもの

私の例では、高校で再会した時には、お互い普通に言葉を交わしました。
しかも、同じ小学校という共通の話題が、予め手元にあった訳です。

初めから、お互い犬猿の仲みたいに、態度に出していたなら兎も角も、なぜ合う合わないが生じたのでしょうか?

ポイントは、再会の時にビビッときた直感でして、これは私だけでなく、相手も同じことを感じたのでしょう。
正確に言えば、私が相手に感じた苦手意識が、その相手に伝わってしまったようです。(もしくは、その逆だったのかもしれません。)

合う合わないの意味で、「波長が合う」とか言いますよね。
人間関係を扱った自己啓発書を読めば、「波長」だとか「オーラ」といった言葉で、説明されているのを見かけます。
私は、スピリチャル分野を信じない人ですが、波長に関してはあると思っています。

「相手に伝わる」テーマで、こんな記事も書いています☝

肌が合わない人とは距離を置く

波長が合わない人かどうかは、初対面では分かりにくいでしょう。
でも、肌が合わない人であれば、外見で判断がつくことが多いので、分かりやすいですよね。

両者に共通して言えるのは、無理をして付き合わないことです。
私の例でも分かる通り、無理をしたところで、長続きしませんから…。

しかも、相手の波長が悪いと、自分のエネルギーを吸い取られて、どんどん元気が無くなります。
HSP関連の本で見かけましたが、エネルギーヴァンパイアと呼ぶらしいですね(汗)。
そういう人からは、とにかく物理的な距離を置きましょう。

とは言っても、グループを円滑に保つために必要だったり、仕事で関わらざるを得なかったり、煩わしい事情があるかもしれません。
その場合にも、せめて精神的な距離を置きましょう。
精神的な距離を置くとは、掴みどころがなく一筋縄ではいきませんが、まず相手を意識しないことですね。

直感を大事にして、自分を守りましょう☝

HSP気質な人の人間関係は、量ではなく質を見極めて、自身を大事に労りましょう。