親の恩と過干渉

for-light-heart 心を身軽にする

古くて新しい問題「毒親」

今回は、記事というよりも…単なる愚痴なのですが(笑)、少しでも共感してもらえて、お互い心が軽くなればと思いました。
昨今、やたらと見かける”毒親”という言葉…、誰しも感じるメジャーな悩みだったのですね。
私も今更ながら、母親の過干渉が生きづらさに絡んでいると気づき、毒親という流行り言葉にたどり着きました。

…と言いますのは、自分の悩みについてインターネットで検索してみると、出るわ出るわ…同じような悩みが(汗)
自分の感覚がおかしいのだと、ずっと思い込んで悩んでいたので、私は少しホッとしました。
よくよく調べてみれば、今に始まった話ではなくて、昔からある永遠の課題のようですね。
ただ…現代は、何でも主張しやすい時代になったからか、毒親という言葉まで出来てしまったようです。

私の親の場合…

巷にあふれる記事によると、私の母親の言動はかなり重症な部類のようで、息が詰まって生きづらいのは当然だな…、と呆れました。
例えば…

  • 仕事から帰ったら…
    昼食はどこで食べたのか?,何を食べたのか?,職場の人と食べているのか?
    外食ばかりだと飽きるから、弁当を作ってあげるから持っていったら?
  • 帰りの時間がいつもと違うと…
    残業だったのか?,仕事が大変なのか?,無理せずたまには休みなさい
  • 休日に部屋にいたら…
    天気がいいから何処か出かけたら?
  • 休日にずっと外にいたら…
    1日中どこで過ごしていたのか?,無理して外にいなくてもいいのに
  • 疲れたから早めに帰宅したら…
    どうしたの、具合でも悪いのか?
  • いつも1人で行動していたら…
    たまには友達とご飯でも行ったら?,友達と旅行でも行ったら?
  • 外で食べて帰ると言えば…
    友達と食べるのか?,1人で食べるのなら帰って食べればいいのに
  • 帰宅が21時を過ぎでもすれば…
    遅いから何かあったのかと心配したのよ
  • その他…
    部屋にノックもせず入ってくる
    人の趣味にいちいち便乗してくる
    下着を勝手に買ってくる(くたびれてるのは捨てたら?)
    着て出る服のことを言ってくる(もう暑いでしょ?)
    何の郵便物なのか聞いてくる(親展を開けられていたこともあり)

どうですか?…、改めて書き出してみると、明らかに普通じゃないですね(汗)。
パーソナルスペースを侵害されているどころか、プライバシーの欠片もないですよ。
HSP気質の私にとっては、気が狂いそうなほど耐え難いもので、よく今まで爆発しなかったなと思いました。

過去を分析する

思い返せば、大学に入って実家を出た頃から思い当たる節はあったので、今に始まった話ではないようです。
当時の私は、身内にさえも自分の本心を晒すのが苦手で、いつも内に溜め込むタイプでした。
しかも、自分の本心を押し殺していることに気がついていなかった…。

でも、違和感を持たずにやってこられたのは、今より精神的に未熟だったことに加え、ずっと遠方で暮らしていたからだと思います。
そしてUターン転職を機に、社会人になって初めての実家暮らしをしたため、度重なる違和感に気づいたのでしょう。
もちろん、再び実家を飛び出して一人暮らしもしましたが、ほとんど効果はありませんでした。

  • いつも元気にしているか心配しています
  • たまには休憩しに帰ってくればいいんだから
  • ちゃんと食べてるの?お米や野菜を送るから

といったメールがくるものだから、精神的に束縛されていることに変わりはなく、離れて暮らしているのに息苦しさをいつも感じていました。
結局のところ、持病の”うつ”が悪化して生活が成り立たなくなり、実家に舞い戻ることになったのです。

親は変わらないから自分が変わる

もう後がない!と危機感を感じた私は、母親に面と向かって不満をぶちまけて叱りました。
母親に対して、自分の本心をぶちまけるのは、この時が生まれて初めてだったと思います。

…が、母は取り乱さず反省したように見えたものの、雰囲気が明らかに撥ねつけてるんですよ。
その証拠に、形を取り繕っただけで真意をくみ取っていないのが、言動から見え見えなんです。
注意するだけ無駄…、どの記事にも書かれていますが、その通りだなと痛感しました。
でも、形だけでもマシにはなりましたし、精神的な距離が少しはとれた気がするので、無駄ではなかったと思います。

親に対しては、もちろん育ててもらった恩はあるし、悪気のある毒親ではないから、余計に注意がしづらいですよね。
でも、親の恩を感じることと、過干渉とは全く別の問題であって、分けて考えないといけないと思いました。
そのまま我慢していると、自分自身が壊れてしまいますから…。

そんなこんなで、今のところ私がたどり着いた解決策は、まず精神的な距離をとるということです。
その上で可能であれば、やっぱり実家は出た方がよいです!
パーソナルスペースを侵害されるような自宅では、仕事の疲れなんて取れませんから…。
長文乱筆になってしまいましたが(苦笑)、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

追記…
この記事を書いて1年が経ちましたが、今は晴れて一人暮らしをしています☘

タイトルとURLをコピーしました