図書館より喫茶店の方が心地良い人

こんな方に向けて書きました♪

  • 土日祝の休日に居場所がない
  • 図書館はどうもシックリこない
  • ひとり時間を過ごす穴場を見つけたい

読書に定番の場所

“読書の秋”と言われるように、秋は本を読むのに過ごしやすい季節です。
本と言えば、資格の試験が行われるのも秋が多いですが、過ごしやすさと関係があるのでしょうか。
ともかく、文字を追いながら何かを考えるのには、もってこいの季節ですよね。

秋は過ごしやすさゆえに、読書をする場所にもあまり困りません。
天気の良い日が多いうえに、紅葉も始まりだす頃ですから、景色のいい外で過ごすのもアリですよね。
ここで、個人的にお勧めできない場所がありまして…、それは自宅です。
自宅ではどうも読書や勉強に身が入らず、ボーッとマイナスなことを考えて気持ちが沈みがち…。
そもそも、自宅には居場所がない~、なんて人も少なくないでしょう(汗)。
理由はどうであれ、自宅にこもるよりは一先ず外へ出た方が、精神衛生上もイイことが多いです。

外でジックリと読書をする場所として、定番なのは図書館と喫茶店でしょう。
特に、HSP体質の人の場合は、ほとんどこの二択になってしまうと思います(笑)。
私の場合も、休日はどちらかで過ごすことが多いのですが、それぞれに特徴があり好みが分かれるところですよね。
両者を比較してみますと…

  • 図書館:無料,長居ができる,とても静か
  • 喫茶店:有料,長居ができない,日中は煩い

パッと見る限り、特にHSP体質の人にとっては、図書館の方が断然メリットが多いように思えます。
でも、実際に利用してみると、必ずしもそうではないんですよね。
街中の喫茶店に立ち寄ると、読書や勉強をしている人が思いのほか多いと思いませんか?
逆に図書館では、だらけている人を多く見受けられる気がします(笑)。

何が言いたいかといいますと、気のせいではない何かしらの理由があると思うのです。
実は私も、図書館の雰囲気がどうも苦手でして、喫茶店を好んで利用しています。
今回は、その辺りの理由について、私の実感を交えて書いてみようと思います。

図書館のデメリット

先ほども書きましたが、私は図書館の雰囲気が苦手です。
もちろん、ショッピングモールのような騒がしい所よりは、よっぽどマシですよ(笑)。
でも、読書や勉強に集中したり、ひとり時間を過ごすのには、なぜかシックリこないんです。
何でだろう?…と考えたことがあり、いくつかの理由が思い当たりました。

変な人に出くわしやすい

HSP体質の人になら分かってもらえると思い、あえて書きました(笑)。
やはり無料だからでしょうね、変な人が集まりやすいんですよ。
変な人っていうのは、いちいち物音が煩い,咳やくしゃみが酷い,とにかく臭い…等々、いわゆる無神経で非常識な人です。
無神経であるが故に、平気でパーソナルスペースを侵害してくることも…。
こういう人が近くにいるだけで、もうリラックスどころじゃないですね。

飲食ができず息苦しい

当たり前ですが、図書館は基本的に飲食禁止です。
特に厳しい所では、ペットボトル飲料も駄目という場合さえあります。
無料で長居ができるとはいっても、このような環境で長時間を過ごすのは、決して心地良いとはいえませんよね。
これを我慢して長時間を過ごすと、必ずだらけてきてパフォーマンスが下がります。
こうなると、少々お金をケチったところで、本末転倒もいいとこです。

静かすぎて逆に気が散る

コレ…、 分かってもらえるでしょうか?
HSP体質にも色々なタイプがありますが、私が図書館を苦手とする一番の理由です。
本来なら、静かな空間っていうのは落ち着くものだと、以前は思っていたんです。
…が、妙に静かすぎる公の場って、なぜか落ち着かないんです。
読書をしていても、字面を追っているだけで内容が入ってこない…、といった感じでしょうか。
それで、先ほど書いた変な人が近くにいようものなら、気が散って読書どころじゃなくなる…。

喫茶店のメリット

街を歩けば、実にたくさんの喫茶店(チェーン店)を見かけます。
そして、どこを覗いてみても、たくさんの人が利用しています。
では、喫茶店で読書や勉強をするメリットとは、どんなことでしょうか。

適度に限られた客層

喫茶店は、お金を払って利用する場です。
まず、先ほど書いたような変な人は、ほとんどいません(笑)。
このメリットだけでも、図書館より安心して入ることができます。
さらに、チェーン店だけの話にはなりますが、ブランド毎の客層に特徴がみられますよね。
つまり、自分の肌に合ったチェーン店を選べば、よりハズレを引きにくくなるということです。

適度な緊張感と気分転換

チェーン店にもよりますが、基本的にお洒落で落ち着いたお店が多いですよね。
そこは、自宅や図書館にはない異空間であり、気分が良い方向へ流れるのが分かります。
周りには、他の客がそれぞれの時間を過ごしていて、適度な良い緊張感の中で集中できます。
疲れてきたら、いつでもコーヒー等を飲みながら、リラックスして自由に過ごせます。
だから、だらけることも少なく、パフォーマンスがとても上がるんですよね♪

適度な雑音で効率アップ?

少し話がズレますが…、静かすぎる職場って息が詰まりませんか?
これと似たことが、図書館にも言えるのかなと思います。
私が以前に働いていた会社では、業務時間中ずっとBGMがかかっていました。
入社した時に理由を聞いたところ、やはり集中力を高めるためということでした。
インターネットで調べてみても、これらの関連性を扱った研究の話題が、いくつも見つかります。
喫茶店では、必ずBGMがかかっていますし、周りの客の話し声も聞こえます。
それらの雑音が、何かしら良い方向へと作用しているのでしょう。
私の体感的にも、喫茶店で過ごした時が断然、前向きな考えが湧いてきやすいですから…。

HSP向けの喫茶店の探し方♪

私は、HSP体質が災いして転職を繰り返したため、実に色々な街で暮らしてきました。
その経験から、HSP向けの喫茶店を見つけるコツを、自分なりに掴むことができました♪

都会の場合

東京や大阪といった都会は、選ぶのに困るくらい喫茶店があります。
でも、そのほとんどは、いつも人でごった返していて、とても落ち着けるものではありません。
そんな中、私が東京に住んでいた頃の経験ですが、オフィス街や官公庁エリアにある喫茶店、これがお勧めです♪
なぜなら土日祝には、ほとんど人がいませんから(笑)。
それを見越して来る客が多いようで、客層も極めて良いです。
おまけに、このような立地ですから、異空間な雰囲気も楽しめて、気分転換にはもってこいです。
行きつけのお店として、ひとつキープしておくだけで、休日の過ごし方がすごく楽になりますよ♪

地方の場合

地方というのは、そもそも喫茶店自体が少ないので、私も始めは苦労しました。
でも、色々と試しては失敗を繰り返すうちに、いくつかの傾向が見えてきました。

  • 電車の駅から離れた所
  • 街の中心部から外れた所
  • 周りに学校が少ない所

ポイントは、わざわざ行くのが面倒な立地にある喫茶店、ということでしょうか。
世間の大多数の人は、とにかく面倒くさがりですから(笑)。
いつも適度に空いていて、過ごしやすいことが多いです。
かといって、あまりに郊外へ行きすぎると車社会になり、かえって客でごった返しています。
また、3つ目に学校を挙げた理由は、マナーの悪い学生の勉強部屋代わりにされがちだからです。

お勧めの時間帯

これについては、別の記事でも書いたのですが、ポイントは次の2つですね♪

  • 朝~昼前 → まず空いていて客層も良い
  • 夕方~晩 → 読書や勉強が目的の客が多い

お勧めのチェーン店

最後に、個人的に好きな、ハズレの少ないチェーン店を2つ、紹介しておきますね。

  • カフェ・ド・クリエ → 全体的なバランスが秀逸
  • サンマルクカフェ → 価格帯の割に客層が大人しめ

カフェ・ド・クリエは、東京ではよく利用していましたが、地方ではほとんど見かけないです(汗)。
もし、あなたの地域にあるなら、ラッキーだと思いますよ♪
サンマルクカフェは、立地によっては非常に煩い店舗もあるので、ご注意を…。
いずれにしても、客席の配置がゆったりしているお店は、パーソナルスペースが尊重されていて過ごしやすいですね。
ちなみに、パーソナルスペースについて書いた記事がありますので、ご参考になれば幸いです♪