自分の直感を信じる

for-light-heart 心を身軽にする

あなたは直感を信じますか?

何かを決めるときに、ピン!ときたりモヤモヤとするアレです。
理由は分からないのだけれど、何となく気が乗らないなんてこと、私もたまにあります。
それで、モヤモヤしたまま事を進めたら、やっぱり失敗した…といった具合です(笑)。
挙句の果ては、失敗したことを人や環境のせいにして、余計に苦しくなるんですよ。

仮に、人に何か言われたとしても、最終的に決めるのは自分自身です。
にもかかわらず、その人のせいにしたくなるのは、自分の気持ちに正直になっていないから…。
逆に言えば、人のせいにしたくないなら、直感に身を任せてみることです。

直感に身を任せるとは?

特にHSP気質の人は、直感力に優れている傾向があると、色々な本によく書かれています。
私は、自身がHSP気質であると気づいたときに、直感に身を任せて助けられたことや逆らって後悔した経験を思い出し、あれは偶然ではなかったのだなと納得しました。
些細な経験ですが、いくつか書いておきますね。

音楽を聴いているとき

私は、趣味のウォーキングをしているとき、よく音楽を聴きます。
いつもは聴く曲目が似通ってくるのですが、ふと全く別の曲を聴いてみようと思うときがあります。
そんなときの曲って、歌詞の内容から元気づけられることが多いですね。
これも、引き寄せの法則か何かが存在しているんだろうなと、ひとりで納得しています(笑)。

本を探しているとき

私は、心がモヤモヤしてしんどいとき、よく規模の大きい書店をブラブラします。
すると、ピンッと目に留まる本に出会うことがあるんです。
そんなときの本って、読んでみると心が楽になることが多いですね。
引き寄せの法則でもあるのでしょうか、言霊の力なんですかね。

席を探しているとき

例えば喫茶店に入って、どこの席にするか見まわしているとき、あの席は何となく嫌だな…と感じることありませんか?
お気に入りの席だからといって無理に座ると、隣の人が苦手なタイプだったり機嫌が悪かったり…、嫌な思いをすることが多いんですよね。
これは、HSP気質でない人も、程度の差こそあれ感じるのではないでしょうか。

こんな記事も書いています☝

直感とのつきあい方

ここで、直感で決めるときのポイントは、時間をかけてあれこれ考えずパッと決めることです。
私の経験上、時間をかけるほど迷いのサイクルにはまり、誤った方を選んでしまうことが多かったからです。
たぶん、頭が疲れてしまって、感覚が鈍ってしまうんでしょうね。

とはいえ、重大なことを決めるときに、パッと決めるのは気が引けるでしょう。
もちろん私も、そんな大それたことは未だにできません。
だから、普段の些細な出来事を利用して直感力を鍛えておくことが、とても大事なんだろうなと感じています。

直感力を鍛えるって…、一体どうやって?
それは、自分の直感に身を任せて結果を検証する、これに尽きるのではないでしょうか。
「何ごとも経験がものをいう」とは言ったもので、失敗と成功を積み重ねるということです。

ちょっと難しい話になりますが、日々のあらゆる経験は意識よりもっと深いところで、明確に記憶されているのだと思うのです。
あるとき、そこからフッと湧き上がってくるのが、直感ではないのかなと感じています。
だから、その深いところの記憶を貯めていけば、直感の精度が増すのではないかという訳です。

お勧めの本

『大丈夫!うまくいくから』

私が、直感を意識するようになる、キッカケとなった本です。
直感って、どうしても掴みどころのない概念なので、理解の助けになると思いますよ♪

タイトルとURLをコピーしました