人は見た目が8割だと思う

こんな方に向けて書きました♪

  • 新しい人間関係に振り回されてヘトヘトだ
  • 無理して付き合い結局は裏切られてしまう
  • 相手の本心を察知してしまい疲れる

出会いの多い時期は疲れる

新しい出会いが多い時期といえば、まず4月が一番でしょう。
子供であれば、新しいクラスや学校に変わり、社会人であれば配置転換や転職が多いと思います。
中でも特に、新しく社会人になった新入社員さんの場合は、これまでとは比べものにならない程、毎日が出会いの連続になります。

新しい人と研修を受け、昼休みは一緒にご飯を食べ、自宅が同じ方向なら一緒に帰る…、帰宅したらもうグッタリですよね。
規模の大きい会社なら、新入社員同士の交流も慌ただしく、どういう人なのだろう…なんて考える余裕はありません。

実は…私の場合も、最初の会社がまさにその状態でした。
会社全体では700名余りの新入社員がおり、30名程のグループに分けられて研修を受けるというものでした。
各グループに教育担当の社員が1名ずつ配置され、ちょうど学校のクラスといった感じでしたね。

学校であれば、そのメンバーで最低でも1年は過ごすのですから、そのうち人の名前や雰囲気くらいは把握できます。
ところが、この時の場合は7月の正式配属まで、たった3ヶ月限りのメンバーなのです。
でも、その3ヶ月間は一緒に過ごすわけで、人づきあいへの力の入れ具合が全く掴めませんでした。
けっきょく焦ってばかりで、名前すらきちんと覚えられず、研修どころではありませんでした。

社会人での出会いが疲れる原因

こんな私も、学生の頃は新しい出会いに対して、さほど疲れを感じることはありませんでした。
しかし、社会人になった途端に、一気に押し寄せてきましたね…、とにかく疲れる。

私も当時は、訳も分からずがむしゃらに人づきあいをしていたので、毎日の疲れは相当なものでした。
毎週のように開かれる飲み会、日が進むにつれ出来上がってくるグループ…。
私はそのスピード感についていけず、すっかり孤立してしまいました。
最初は親しくしてくれていた人も、多数派のグループに入れてもらえたとたん、私のことを無視するようになったのですから。

私は、何のために仲良くなる努力をしたのだろう…、と虚しくなりました。
けっきょく、7月の正式配属では子会社出向となり、それまでのメンバーは一人残らずおさらばでした。
そして、出向先にて再び新しい人づきあいが始まり、翻弄されて疲れ切る…。
そうするうちに、まず体が悲鳴を上げ始め、同年の秋には抑うつ状態で休職に追い込まれたのです。

では、なぜ社会人の人づきあいは疲れるのか?
今だから分かることですが、各々が仮面をかぶって生きているから…でしょう。
とにかく、相手の本心が見えにくいから探らなければならず、それにエネルギーが消耗させられるんです。

ここで、世渡り上手な人ならば適当にこなしてストレスを感じないのでしょうが(笑)、HSP体質や生真面目な人の場合はそうはいかないでしょう。
私も、すぐに真に受ける性格ですし、最近になってHSP体質だと分かり、そりゃ疲れて当然だなと苦笑いするしかありません。
このような人にも、人づきあいを少しでも楽にするコツって、無いものでしょうか?

人は見た目じゃない…とは言うけれど

思い出したくもない苦い経験を、長々と書いてしまいましたが(笑)、そんな中でも得られたものがありました。

人は見た目が8割

こう言うと、何て冷たい人なんだ…と思われそうですが、単に外見だけを言っているのではありません。
初めて対面したときに、直感的に感じる雰囲気を含めた見た目です。

パッと見は笑顔だけれど目の奥が笑ってないよな…、良さ気な人だけれど何だか粘着質だよな…、といったアレです。
HSP体質や敏感な感覚をお持ちの人なら、よく分かっていただけると思います。
こういった第一印象は、気のせいでも思い込みでもなく、当たることがとても多いです。
私の経験上で恐縮ですが、8割は当たると実感しています(笑)。

「人を見た目で判断するな」とは言いますが、これは綺麗ごとだなと思います。
服装などの外見は取り繕っても、その人から放たれる雰囲気はほとんど誤魔化しようがありません。
少し敏感な人になら、すぐに察知されてしまいます。

人に振り回されないために…

何ごとも経験でして、人を見る目を鍛えるのも、結局は場数を踏むしかないです。
私も、決して偉そうなこと言える口ではなく、今でも失敗と学びの繰り返しです。
“直感”に関しては、別の記事でも書いておりますので、ご参考になれば幸いです♪

最後になりましたが、新しい社会人生活において人に振り回されないために心がけることは、ただ一つ…

自分の直感を信じて不快な人からは離れる

人間関係は闇雲に拡げても、労多くして功少なしです。
余計なものは持たず、身軽な社会人生活を送りましょう♪