自分はHSPかもしれない

こんな方に向けて書きました♪

  • どの組織でも馴染めず転職を繰り返している
  • 適応障害や神経症と診断されるが何かが違う
  • うつ病や抑うつ状態をぶり返す

違和感に気づいたきっかけ

それは、うつ病が寛解した矢先のことでした。

リワークという復職プログラムを終えた私は、予定通り元の職場に復帰しました。
復帰初日から、執務室の妙な息苦しさを感じていた私は、2週目くらいから早くも当日欠勤をするようになりました。

リワークの職員から、「アサーティブに行動することが大事だ」と聞いていた私は、上司に打診し座席を端に換えてもらいました。(”アサーティブに”とは”自分の気持ちを率直に”といった意味です。)
ところが、若干は圧迫感が減ったものの、依然として息苦しさは抜けませんでした。
そうしているうちに、じわじわと溜まったストレスがあふれ出し、1か月経った頃から職場に出られなくなったのです。

うつ病の頃との違い

リワークまで活用して復職したのに、またぶり返したのか?
…いや待てよ、何かが違う。

私は、もう這い上がる手段が無い…と呆然とする中で、何とか原因を探ろうとしました。
というのは、うつ病だった頃の状態を思い返したとき、苦しさの種類が明らかに違うんですよね。
参考までに、分かりやすかった違いを挙げると…

朝はきちんと起きられる

うつ病のときは、起きられないどころか、午前中は全く動けなかったです。
でも今は、職場に行くのが嫌なだけで、午前中から活動はできるんですよね。

体が異様に重いとは感じない

うつ病のときは、まるで体重が20㎏増えたかのように、とにかく体が重く感じました。
でも今は、全くそんな感じはなく、習慣になっていたウォーキングもできるんですよね。

頭はしっかりと働く

うつ病のときは、何も考える気力がなかったです。
でも今は、原因を探ろうと前向きに考えているんですよね。

趣味はそれなりに楽しめる

うつ病のときは、好きだった音楽でさえも聴く気にならず、何にも興味を持てませんでした。
でも今は、波こそあれど、音楽を楽しむ余裕があるんですよね。

HSPという言葉との出会い

かかりつけ医に行けば、いつの間にか病名が「神経症」に変わっていたし、適応障害にでもなってしまったかな、と自分自身も思っていました。

そんなとき、ずっと前に読んだ本をふと思い出し、本棚から取り出したのです。
それは、HSP(Highly Sensitive Person)について書かれた本でした。
実は、今回のような症状には、昔から繰り返し苦しめられていたのです。

もしや?…と思った私は、HSPについてインターネットで調べました。
そしたら、出てくるでてくる(苦笑)、自分と瓜二つな悩みを抱えた人のブログが…。
こうして調べていくうちに、とあるサイトの記事が私の過去や症状とビンゴしたのです。

Take it easy for HSP(外部サイトに別タブで移動します。)

やっぱりこれだ!
私の推測は、確信に変わりました。

私の住まいが地方のため、HSPに詳しい医療機関はなく、正式に診断された訳ではありません。
でも、冷静に自身の過去や症状を分析してみると、ほかには考えられないんですよね。

私は、自分の症状が病気ではなく、色々な薬を飲み続ける必要は必ずしもないと分かり、ある意味ホッとしました。
同時に、これは生き方を見つめ直す大事な分岐点かもしれない、と思い始めたのです。

HSPの生き方を探る

私はいま(この記事の執筆時)、転職・母親の過干渉(過保護?)・HSPの三重苦で、途方に暮れています…。
でも、焦らずひとつずつ解決していこう!という冷静さはキープできています。
当ブログを始めたのも、心の逃げ場所を作ろうと思ったのが理由のひとつです。

私は、他の人のブログや書籍でHSPの勉強をして、自分をしっかりと見つめ直し、新しい人生を歩もうと決めました。
今後も、経過や気づいたこと等を、本ブログに書き留めていく所存です。
そして、何時しか誰かのお役に立てたら嬉しいな…、そんな思いです♪

お勧めの本

最後に、私がずっと前に読んだというHSPの本を、参考までにご紹介しておきますね。

敏感すぎて困っている自分の対処法 人間関係の悩み、原因不明の体調不良… [ 苑田純子 ]

価格:1,404円
(2019/7/2 11:13時点)

この本の著者は、特にHSP体質が顕著な方みたいで、少し極端な事例がいくつかありました。
でも、ここまで敏感な人もいるのだなと分かると、自分の敏感さに落ち込むことが少なくなり、心が少し楽になりますよ♪

また、HSP関連の本を読んでみて自分は違うなと感じるものの、敏感さに困ってはいるという方には、コチラの本がお勧めかもしれません。

敏感すぎて傷つきやすいあなたへ [ 武田双雲 ]

価格:1,080円
(2019/9/14 22:23時点)

この本の著者は、私はテレビを見ないので知らなかったのですが、メディア出演が多数ある書道家だそうです。
現役を退いたことで最近ニュースになった、スーパーコンピュータ「京」の題字を手掛けたとのことで、かなりの有名人みたいですね(苦笑)。
この本では、HSPという言葉は一度も出てきませんが、書かれていることは大いに役立ちました♪