物書きのすゝめ…始めて気づいた3つの効果

こんな方に向けて書きました♪

  • 消費するだけの今の生活が虚しい
  • “うつ”の経験があり気持ちを溜め込みやすい
  • 何かしら自分を表現できる場を持ちたい

繰り返しの毎日への疑問

人生は 喰て寝て起きて 糞たれて 子は親となる 子は親となる

“一休さん”こと、一休和尚の名言です。
せわしない日常に身を置いている人は、何を言ってるんだ?と思うかもしれません。
でも、そんな日常に疲れてふと立ち止まった時、この言葉と同じような虚しさに気づく人も、少なくないと思います。

私も、社会人になった20代前半の頃、繰り返しの毎日に疑問を抱くようになりました。
毎日、同じ電車に揺られ挨拶すらない職場に就き、同じ業務を延々とこなす。
昼になれば、同じ食堂で同じ食事を腹に掻き込んで、午後の業務に引き返す。
仕事が終われば、当てもなく寄り道をして家路につき、夕飯を腹に掻き込んで寝るだけ。
目が覚めれば、また同じことの繰り返し…。

こんな毎日を過ごしていれば、相当なストレスが溜まるわけで、休日にやることといえば、ひたすらストレス発散のためにお金を浪費するだけ。
まさに、ストレス発散に使う金を稼ぐために仕事に行くようなもので、皮肉なことにストレスの根源は仕事なのです。

この負のスパイラルに疑問を持たない人は、それでいいんでしょうから結構だと思います。
でも、今この記事を読まれている方は、それに耐えられないから悩んでいるんですよね。
そんな毎日に耐えるのが大人だ、みたいなことを言う人も結構いますが、気にしないでいいと思います。
そういう人こそ、物事を深く考えようとしていない、現実から逃げている人ではないでしょうか?

私は、この悩みがきっかけで抑うつ状態になってから、本を読んだり話を聴きに行ったりして、色々と考えるようになりました。
そして、ある方から教わったのが、冒頭にも書きました一休和尚の言葉でした。
繰り返しの毎日への疑問は、人間として当然持つべきものだと納得させられました。

疑問から気づきへ

とはいえ、何事においても”継続は力なり”とも言われるように、結局は繰り返しの毎日にはなるものです。
では、どうして上で挙げたような毎日は、虚しく感じるのでしょうか?
それは、繰り返しに意味を見出せないから、つまり目的がないからだと思うのです。

ここで、休日に上手くストレス発散ができる人はいいのですが、私のように内に溜め込んでしまうタイプの人は、処理しきれずに体調を崩してしまうんですよね(汗)。
まぁ、休日に公の場でストレスをまき散らし迷惑をかける人よりは、よっぽどマシな生き方だと思いますが…。

それはいいとして(笑)、不器用な私みたいな人も、上手くストレスに対処して生活する必要があるわけで、誰も助けてはくれません。
とはいえ、いきなり雇われ生活から脱して独立できる人は、ほとんどいないでしょう。
そんな中で私は、自分の思いや考えを”書き出す”ことが、心地良いことに気づいたんです。

書き出すことが心の健康に良いという話は、色々な自己啓発本にも書かれています。
私は、リワークという復職支援プログラムに参加したときにも、手帳に書き出して整理することを学び、その効果を実感しました。
もちろん、その後も手帳を愛用していまして、3行日記というものも取り入れて継続しています。(リワークについては別の記事↓を書いています♪)

また、ネット情報や聞いた話ではありますが、うつ病をきっかけにフリーライターや作家活動を始めた人もいるようです。
おそらく、自分を守るために心が書くことを欲しているのでは?、と個人的に感じています。
だから私は、何かしらの形で物書きを始めよう♪、と決心したのです。

物書きの環境を作る

まず、物書きを始めるにあたり、環境を作ることはモチベーション維持のために大事です。
とはいえ、いきなり自費出版とか電子書籍とかに挑戦するなんてのは、いくらなんでも一足飛びし過ぎですよね(笑)。

取っ掛かりは、日記帳を買って日記を始めよう♪、からで十分だと思います。(私もそうでしたから…。)
それを何ヶ月か続けてみて、自分にシックリくると感じたら、書くことはあなたに合っているのだと思います。

そして、物書きに手応えを感じたら、自分が書いた文章を公に発信することをお勧めします。
幸い今の世の中には、インターネットという便利なものがあります。
しかも、無料で情報を公に発信できるサービスもあります。
こんなに恵まれた環境にいるのですから、有効に利用すれば可能性は大いに広がります。

代表的なもので言えば、SNSと呼ばれるサービスですね。
中でもTwitterは、手軽に情報を発信できる便利なサービスですが、私はあまりお勧めしません。
なぜなら、手軽すぎることが災いして、不用意な発言をしてしまう危険性があるからです。
公に情報を発信するからには、内容の長短に関わらず責任が生じます。
このことは、Twitterを取り巻く昨今の事件から、ご存じかと思います。

そこで、私がお勧めしたいのは、今まさに読まれている”ブログ”です♪
ブログといえば、SNSの波に押されて時代遅れ感がありそうですが、まだまだ現役ですよ(笑)。
今や、ネットで何か調べ物をしているとき、検索結果から開いたページの大半は、個人が書いたブログであることが多いですから…。
私が、物書きの環境としてブログをお勧めする理由は、段階を経て3つあります。

① じっくりと物書きに取り組める

ブログの良さと言えば、Twitterと違って文字数制限がないことです。
じっくりと文章と向き合って、納得のいく記事が出来上がってから投稿する、このワンクッションが大事なんです。

無料のブログサービスは色々ありますが、はてなブログが物書き向けでお勧めです。
ごちゃごちゃと余計な機能がなく、物書きに専念できるシンプルな環境だからです。
スマートファンのアプリも、とても使いやすくて外出先でも下書きが捗ります。(私はiPhoneアプリを使っています。)

② 推敲することで愛着が湧いてくる

Twitterの場合、つぶやきを投稿したらそれっきりで、書き捨てのような状態ですよね。
だから虚しい…、私がTwitterでつぶやくのを辞めたのも、これが理由です。

ブログなら、苦労して書いた記事が、着実に貯まっていきます。
そして、期間を置いた後に推敲し直して、記事を更新することもできます。(これをリライトと言うそうです。)
それを継続していけば、だんだんと記事に愛着が湧いてくるんです。
継続するのが辛くなる時期もありますが、ここまでくれば占めたものです(笑)。
広告収入も期待できるのでは?、という次の段階が見えてきますから…。

③ 上手くいけば副業収入の可能性も…

そもそも、物書きが目的で始めたので、趣味の域で満足なのですが、欲が出てくるのが人間というもの…。
ブログへの訪問者が増えてくると、広告収入という可能性が出てくるのです♪

その手段として、筆頭に挙げられるのが”グーグルアドセンス”でして、もちろん私も利用し始めました。
ただ、このグーグルアドセンスは、無料ブログサービスでは利用できません。
しかも、利用できるブログであっても厳しい審査がありまして、とても一筋縄ではいかないのです。(詳しくは別の記事↓で書いています♪)

ですから、グーグルアドセンスは運よく軌道に乗ったら…くらいに構えて、ASPと呼ばれる他のサービスを利用することをお勧めします。
ちなみに私は、ASPの代表格というA8.netを利用していますが、初心者にも使いやすいですよ♪

こうして、ASPサービスの広告を掲載しておけば、自分が書いた記事が運よく万人に役立つものになったら、おこづかい程度の収入が期待できます。(私はその域に達していませんが…w)
また、その頃になれば自然と、グーグルアドセンスの審査も通過するレベルに達していると思います。

物書きで得られた3つの効果

私のブログも、書き始めてから半年が経ち、少ないなりにも訪問者数が安定するようになりました。
ここまで継続できたおかげで、上で挙げた段階に応じて、私の中で3つの良い変化があったのです。

① 気持ちの整理がつきやすくなった

これは、書き出す習慣を始めたことで、客観的に自分の内面を観察できるようになったのだと思います。
私の場合、まず紙のノートに書き出して、記事の構成などを考えるようにしています。
この過程の中で、頭の中のごちゃごちゃが整理できるんですよ。
それに加え、マイナス思考を溜め込みにくくなるという、これまで悩んでいたことが解消されたことも大きいでしょう。

② 余暇のリズムが安定してきた

これまでは、平日の晩はボーっとスマホやネットを眺め、休日は当てもなく街をブラついてボーっとする…、という精神的に不健康な生活でした。
ところが、ブログを書く習慣が安定してからは、まず休日の過ごし方がガラっと変わりましたね。
私の場合、週末の休日に記事を完成させるルールにしたので、ボーっとしてマイナス感情が湧いてくることが少なくなりました。
続いて平日の晩も、記事の構成を考えよう♪と、気持ちの切り替えができるようになりました。

③ 目標を持つことができた

ブログを継続するにあたって、人それぞれの目標が見つかると思うんです。
私の場合は、このブログをコツコツと育てていき、いずれは一冊の本のように完結させたい!という目標が見つかりました。
あとは、あわよくば広告収入が発生したらいいなぁ♪程度ですが、副業レベルにもっていく目標もできました。(そんなに期待はしていませんが…w)
ともかく、本業以外に活動の場を見出すのは、精神衛生上にも良いと実感しています。

まずは行動してみよう!

そもそも、無料のブログサービスなら出費はゼロですし、物書きの経験が貯まっていくので、失敗しても大きく落ち込む必要がありません。
だから、ダメ元で始めてみて、自分に合わないと思えば止めればいいのです。
何事も行動してみないと分からないし、じっとしていては何も変わらないですから…。
肩ひじ張らず趣味を作るつもりで、気軽に始めてみましょう♪