HSPの適職は自身が決めること

i-think ふと思うこと

HSPは仕事が続かない…

HSP(敏感すぎる)気質の人が抱えやすい問題として、近年インターネット上でもこの類の記事を見かけるようになりました。
物書きを生業としている人だけでなく、個人ブロガーと言われる人からの発信も結構あるようです。
それだけ、悩んでいる人も多く需要が増えているのだろうなと伺えますし、同じ悩みを持つ私も参考になって助かっています。

記事の内容は様々ですが、やはり定番は「HSPに向いている仕事」といったもので、ちょっとキーワード検索をしただけでも次々と記事がヒットします。
情報の出所が多ければ、それらの最大公約数をとることで、自分にとって有益なものを得やすくなります。
私も、自身がHSP気質だと気づいてからは、この方法で自分に適した仕事の検証を繰り返したものです。

ネット情報の問題点

でも、検証を繰り返していくうちに、記事の内容に違和感を覚えるようになったのです。
どの記事を読ませてもらっても、ほとんどが似通った内容なんですよね。
しかも、内容が薄い、現実味がない、結論が出ていない…。
私は、言いたいことを結構チクっと放つ性格なので、予めご了承ください(笑)。
でも、同じような感想を持たれた方は、結構いるのではないでしょうか?

おそらく…大半の記事は、著者自身が経験していないことまで書かれているから、違和感を覚えるのだと思います。
いわゆる、机上の空論ってものです。
もちろん、憶測でものを言うものではありませんが、読んでいると何となく分かりませんか?

例えば、実に幅広い職種を網羅して分析している記事を見かけますけど、著者自身で全てを経験するには、明らかに無理がありますからね。
何事も、机上の空論だけでは不十分でして、実際の体験が伴ってこそ有益な情報と言えると思うのです。

先に結論を言ってしまいますと、HSPに向いている仕事を見つけるには、実際に働いてみるしかないんです。
ご存知でしょうが、HSPとは言っても様々なタイプの人がいる訳でして、全てのHSPに当てはまる記事なんて、…そもそも無い(汗)。

私のHSP気質について

ここで思ったんです…、自身が経験した職種について文字に起こして発信すれば、似たような気質の人になら参考にしてもらえるのでは?と。
そこで先ず、私のHSP気質がどのような感じなのかについて、主なものを箇条書きにしてみますね。

  • 自身のパーソナルスペースが広すぎてしんどい
  • 乗り物でも喫茶店でも隅っこの席が大好きだ
  • 人と対面する席で話をするのが苦痛だ
  • 物音がいちいち大きいガサツな人が苦手だ
  • たわいもない気の利いた雑談ができない
  • でも…、人と関わることが嫌いな訳ではない

以上をお読みなって、「あ~…あるある、自分と気質が似てるなぁ」と少しでも感じた方は、私の苦い職歴が(笑)多少なりとも参考になるかもしれません。

HSP気質な私の職歴とその感想

冒頭でも少し触れましたが、私はHSP気質が足かせとなって、今までに職を転々としました。
経験した職種も多岐にわたり、おかげで履歴書の職歴は継ぎ接ぎだらけです(汗)。
では先ず、私のボロボロな経歴を時系列で、大まかに書き出してしてみましょう♪

  1. 学生時代:裏方から接客まで数か所で経験
  2. 新社会人:大手家電メーカーの技術系社員
  3. 転職して:技術系派遣社員で数社を転々
  4. 路頭に迷い:夜勤から日雇い労働まで多岐
  5. 転機が訪れ:事務系で数社を経験(業種は多岐)
  6. そして現在:障害者雇用の事務系で就業中

ちなみに、後半の事務系の仕事については、民間と官公庁の両方を経験しています。
実に紆余曲折した…と言えば聞こえがいいですが、行き当たりばったりな経歴の持ち主です(汗)。

これらの中で、どの職種が向いてるなぁ…と感じたかと言いますと、正直なところ断言は難しいです。
でも逆に、私のような気質の場合で、この職種は要注意だぞ!、というのは割とハッキリと言えます。

それは…、事務系の職種です。

えっ…何で?、と思われた人もいるかと思いますが、それも無理はありません。
HSP関連の本や他記事で、事務系はHSP向けだと書かれていることが多いですもんね。
でも結局は、実際に働いてみないと分からない訳でして、私の場合は事務系を何社も渡り歩いて、見事に全て撃沈されました(汗)。
じゃあ、何で現在も事務系で働いているかって…、年齢等の諸事情から他へ行き場が無いから(大汗)。

的を絞った情報収集が大事

私が今まで、様々な手段を使って転職をしてきて感じたのは、いかに自身のHSP気質に近い情報を集めるか?、ということでした。
そのためには、相談する相手に自身のことを事細かく説明するのが大事でして、とても手間がかかることです。
でも、詰めが甘いまま転職してしまい、働き始めてから後悔するのでは、もっと労力が無駄になります。
かつての私は、その繰り返しを闇雲に続けた結果、うつ病まで患ってしまいましたから…。

つまり、ひとりで抱え込んで転職活動をするのは、とてもリスクが高いということです。
ですから、就労移行支援を利用するのも、選択肢のひとつだと思います。
また、著者の私でよかったら、仕事の悩み相談を承っております。
上で挙げたようなHSP気質の方が限定ですが、もちろんピッタリ当てはまらなくても歓迎です(^^)/
このページからお申込みいただくと、私の職歴とそのポイントについて、より詳しく書いた記事をお付けします♪
ご興味のある方は、下の「詳しくはこちらへ」ボタンからお進みください。

ひとりで悩まないで…

HSP気質って、医者から診断されるものではなく、いわゆるグレーゾーンにいる感じで、それが余計に辛いですよね。
しかも、少数派ときたものだから、周りにも理解者が少ないと思います。
ですが、ひとりで塞ぎ込んで悩むのは、心の健康のために良くありません。
少しでも、ご自身に近い情報を持った人を見つけ、的を絞って転職活動をしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました