HSPの適職は自身が決めること

こんな方に向けて書きました♪

  • HSP体質が原因で転職を繰り返している
  • 個人完結の単調作業は苦手だ
  • 向上心を持てる仕事に就きたい

HSPは仕事が続かない…

HSP(敏感すぎる)体質の人が抱えやすい問題として、近年インターネット上でもこの類の記事を見かけるようになりました。
物書きを生業としている人だけでなく、個人ブロガーと言われる人からの発信も結構あるようです。
それだけ、悩んでいる人も多く需要が増えているのだろうなと伺えますし、同じ悩みを持つ私も参考になって助かっています。

記事の内容は様々ですが、やはり定番は「HSPに向いている仕事」といったもので、ちょっとキーワード検索をしただけでも次々と記事がヒットします。
情報の出所が多ければ、それらの最大公約数をとることで、自分にとって有益なものを得やすくなります。
私も、自身がHSP体質だと気づいてからは、この方法で自分に適した仕事の検証を繰り返したものです。

ネット情報の問題点

でも、検証を繰り返していくうちに、記事の内容に違和感を覚えるようになったのです。
どの記事を読ませてもらっても、ほとんどが似通った内容のものなんですよね。
しかも、内容が薄い、現実味がない、結論が出ていない…(笑)。
同じような感想を持たれた人は、少なくないと思います。

それもその筈、自身が経験していないことを書いているからでしょう、…おそらく。
なぜなら、幅広い職種を網羅して分析している記事ほど、著者自身で経験するには無理があるのは明らかですよね。
何ごとも、机上の空論だけでは不十分でして、実際の体験が伴ってこそ有益な情報と言えるのではないでしょうか。

先に結論を言ってしまいますと、HSPに向いている仕事を見つけるには、実際に働いてみるしかないんです(汗)。
ひとえにHSPと言っても、様々なタイプの人がいるわけで、全てのHSPに当てはまる記事なんて…無い(笑)。

仕事の向き不向き(私の場合)

とはいっても、自身が持っている経験くらいは文字に起こして発信すれば、似たような体質の人になら参考にしてもらえるのでは?と思いました♪
まず、私のHSP体質がどのような感じなのかについて、ザっと箇条書きにしてみますね。

  • 自身のパーソナルスペースが広すぎてしんどい
  • 乗り物でも喫茶店でも隅っこの席が大好きだ
  • 人と対面の席で話をするのが苦痛だ
  • 物音がいちいち大きいガサツな人が嫌いだ
  • 気の利いた雑談がとても苦手だ
  • でも…、人と関わることが嫌いなわけではない

以上を踏まえまして、「あ…、自分と体質が似てるなぁ」と少しでも感じた方は、私の苦い職歴(笑)が多少なりとも参考になるかもしれません。
では、(学生のアルバイト時代も含め)私が経験した職種について、個人的に思うことを書き出してみますね。

接客業 → 〇(向いている)

サービスカウンター,クリーニング受付,コンビニ店員…、色々と経験しましたね。
主に学生時代の職歴で、期間はどれも長くて1年ほどだったと思います。
HSP体質の人にとって、接客業はしんどいのではないか?と思われがちですが、一概には言えないと私は思います。
思い返せば、どの店舗に就いていたときも、休まず楽しく勤務していた気がします。
たぶん、お客さんとのやり取りはその時限りのものだから、さほど苦痛にならないのだと分析します。
ごく稀に、クレーマー客に当たることはありますが、その時はそのときです。
わずかな確率を恐れていたら、働ける所がなくなっちゃいますから…。
この職種を選ぶポイントは、店長が誠実な人かどうか?、だと感じました。

厨房補助 → △(場合によりけり)

皿洗い,食材の下ごしらえ,盛り付け補助を、3年強ほど続けましたね。
この類の職種って、適度に忙しい時はいいんですよ。
忙しすぎる時も、それがずっと続くわけではないので、上手くこなせたときには寧ろ楽しいです。
問題なのが、平日の晩にありがちな暇すぎる時間帯…、逃げ場のない気まずさが相当しんどいです(汗)。
これが嫌で、辞めようと何度思ったことか(笑)。
それでも辞めずに続けられたのは、周りからそれなりに認められていたし、賄いがすごく豪華だったからです♪
この職種を選ぶポイントは、安定して繁盛している店舗かどうか?、だと感じました。

研究開発職 → △

大手家電メーカーの事業所や研究所で、正社員,派遣社員として働きましたね。
この類の職種は、他の方も書かれている通り、基本的にはHSP体質の人に向いていると思います。
特に研究系は、人との関わりはもちろんありますが、実験中などは単独で行うことが多いです。
ですから、実験室で集中している間は、HSP特有の疲れは出にくかったように思います。
ただ問題なのは、実験データをまとめるデスクワークの時に、事務室との相性が悪いとしんどいですね。
後で挙げる事務職ほどは、長時間を過ごす部屋ではありませんが、毎日のことなので侮れません。
この職種を選ぶポイントは、職場(事務室)の雰囲気は大丈夫か?、だと感じました。

警備員 → 〇

駅の巡回,イベントの交通誘導の業務を、数ヶ月ほど経験しましたね。
期間が短いので偉そうなことは言えませんが、警備の現場さえ慎重に選べば、向いている職種だと感じました。
もちろん体力的にはキツいですし、夏場なんかは正直言って割に合わなかったです。
でも、精神的には?と思い返しますと、デスクワーク系のドロドロした人間関係が少ない分、ずいぶん気楽なものでした。
この職種を選ぶポイントは、公的機関など刺激の少ない現場の警備に就けるか?、だと感じました。

データ入力 → 〇

ズラッとパソコンが並べられている部屋で、ひたすらデータ入力を行うといった業務を経験しました。
幸い同期の仲間にも恵まれ、社員の人からも信頼をもらえていたため、とても過ごしやすかったのを覚えています。
おかげで、(東日本大震災の影響で)途中で一度離職をしたものの、その後に出戻って合計2年ほど続けられました。
職場の特徴としては、数百人のパートタイマーが大フロアーで業務を行い、席は毎回変わる(社員が予め割り振る)というものでした。
毎日同じメンバーといった煩わしさが少なく、余計な神経を使わずに済んだのがとても楽でした。
もちろん、百人単位で人が集まるのだから一部に変な人はいましたけど(笑)、逃げ場と相談する場があったので大丈夫でした。
また、業務量は社員の方で管理されていて、暇で仕方がないということが無かったことも、長く続けられた理由のひとつだと思います。
この職種を選ぶポイントは、管理する側がしっかりしているか?・いかがわしい業種ではないか?、の2つだと感じました。

事務職→×(向いていない)

経理,人事,総務…、雇用形態も正社員,派遣社員,パートタイマーと、一通り経験しました。
正直に言いますと、どう工夫しても肌に合わず、職場を転々としただけです(汗)。
よく、事務職(特に公務員)はHSP向けだと書かれていますが、鵜呑みにするのは危険です!

  • 席が固定されていて毎日同じ人と長時間を過ごす
  • 業務量に波があり閑散期は絶望的に暇である
  • 同じフロアにお局様がおられたら最悪(笑)

ちょっと書き出しただけでも、これだけマイナス材料が湧いてきますから(汗)。

ここで補足ですが、民間企業の事務職であれば、まだマシな方だと今になって感じます。
どうにもならないのは、官公庁が求人を出している「非常勤職員」という職種です。
雇用条件だけ見ると、民間と比べて待遇がかなり良いので、私も思わず飛びついてしまいました。
…が、金の問題ではなかった、暇すぎて脳が腐りそう、生きてる実感がなくなってくる…。
しかも、周りの職員達はこの環境に神経がマヒしているのか、相談したところで誰にも理解されませんよ。
座ってるだけで金が貰えてラッキー♪って思える人なら、どうぞご自由に応募してください(皮肉)。
この職種を選ぶポイントを敢えて言うなら、職場の環境や業務量はどうなのか?、コレに尽きますね。

フリーランス → △(注意!)

こちらも、HSP向けだと書かれていることが多いですが、個人的には無責任すぎる発言だと思います。
潤沢な資金がある人以外は、安易に本業にするのは危険すぎるからです。
成功体験を掲げているブロガーさんは、それまでに積み上げてきた潤沢な資金があるわけで(プロフィールを読めば分かります)、その中でも成功できる人なんて一握りなのです。

不労収入も夢じゃない♪なんて、世の中そんなに甘くない!
成功しているブログを精査すると分かりますが、ひたすらトレンドを追った広告を張りまくり、荒稼ぎをしているだけなのです。
つまり、長続きはしないということ…、まさに「盛者必衰」の頂上にいるだけだと感じます。
そんな不安定な職種を本業にしてしまえば、HSP体質の人にとって精神的に酷すぎるのは明らかです。
実際に、フリーランスに転向しブロガーを生業にしていて、その不安定さと孤独さから”うつ病”になってしまう人が少なくないらしいです。

ただし、組織に雇用され安定した収入を得ながら副業として取り組むのであれば、人によっては向いているかもしれません。
私も現在、二足の草鞋を目指し取り組み始めたところでして、精神面にも良い効果を実感できています。
ですから、週末に活動して小遣い稼ぎ程度に成長できたらいいな♪、くらいの気持ちで始めるなら大丈夫だと思います。

おわりに…障害者雇用枠について

以上が私の経験談ですが、全体に共通してお伝えしたいことがあります。
最近ニュースにもなって話題の「障害者雇用枠」の求人について、注意していただきたいことがあるのです。
私も、近年になって心身ともに無理が生じたため、障害者雇用枠を利用させてもらっています。
ただ、実際に勤務をしてから痛感したのですが、障害者というだけで極めて単調な作業しか振られず、適材適所には程遠い印象を受けました。
やりがいが微塵も感じられないため、モチベーションを維持するだけで精一杯になり、実際に定着率は非常に低かったです。

それでも、民間であれば受け入れ態勢は整っている方で、私の勤務していた職場でも環境改善に前向きでした。
どうにもならないのは、(上でも挙げました)官公庁の障害者雇用枠です。
全国ニュースにもなった通り、官公庁は例の水増し問題を回避すべく、慌てて採用活動をしているんですね。
それは当たり前のことなんですが…、ただ採用して頭数を揃えているだけの醜態が顕著に見られるのです。

その証拠に、仕事がほとんど…いや、ほぼ全く用意されていなかった…。
私の場合は、こういう汚いやり方には黙っていられないタイプですから、 離職をちらつかせつつ静かに声を荒げて(笑)、上司に改善を訴えました。
そしたら慌てた上司、仕事を振り分けてもらえないかと他部署に働きかける…、そんな状態です。
でも、動いてくれただけマシな方で、(ネット情報によると)完全に放置されている人も少なくないようです。
例のニュースも、驚くことではなく至極当然の結果であって、寧ろこれくらいの離職率で済んでるだ…と感じるほどです。(↓クリックすると別タブでリンク先を開きます。)
「HP見るだけ」緊急雇用の障害者131人退職:読売新聞オンライン(2019/06/08)

体制が落ち着くまで当面の間は、官公庁の障害者雇用枠は(正規の公務員も含めて)避けた方が身のためだと思います。(給料さえ貰えればよいという鋼の心をお持ちの人は除きます…。)
最後になりましたが、今のところ私が思うのは、民間雇用で少なくても安定した収入を得ながら休日フリーランスを目指す!、コレが一番健康的で手堅い方法ではないでしょうか?