HSPの適職は自身が決めること

i-think

こんな方に向けて書きました♪

  • “HSP気質が原因で転職を繰り返している”
  • “個人完結型のいわゆる単調作業は苦手だ”
  • “向上心を持って続けられる仕事に就きたい”

HSPは仕事が続かない…

HSP(敏感すぎる)気質の人が抱えやすい問題として、近年インターネット上でもこの類の記事を見かけるようになりました。
物書きを生業としている人だけでなく、個人ブロガーと言われる人からの発信も結構あるようです。
それだけ、悩んでいる人も多く需要が増えているのだろうなと伺えますし、同じ悩みを持つ私も参考になって助かっています。

記事の内容は様々ですが、やはり定番は「HSPに向いている仕事」といったもので、ちょっとキーワード検索をしただけでも次々と記事がヒットします。
情報の出所が多ければ、それらの最大公約数をとることで、自分にとって有益なものを得やすくなります。
私も、自身がHSP気質だと気づいてからは、この方法で自分に適した仕事の検証を繰り返したものです。

ネット情報の問題点

でも、検証を繰り返していくうちに、記事の内容に違和感を覚えるようになったのです。
どの記事を読ませてもらっても、ほとんどが似通った内容のものなんですよね。
しかも、内容が薄い、現実味がない、結論が出ていない…(汗)。
同じような感想を持たれた方は、少なくないと思います。

それもその筈、自身が経験していないことを書いているからでしょう、…おそらく。
なぜなら、幅広い職種を網羅して分析している記事ほど、著者自身で経験するには無理があるのは明らかですよね。
何ごとも、机上の空論だけでは不十分でして、実際の体験が伴ってこそ有益な情報と言えるのではないでしょうか。

先に結論を言ってしまいますと、HSPに向いている仕事を見つけるには、実際に働いてみるしかないんです。
ひとえにHSPと言っても、様々なタイプの人がいる訳でして、全てのHSPに当てはまる記事なんて…無い(笑)。

ここで思ったんです…、自身が経験した職種について文字に起こして発信すれば、似たような気質の人になら参考にしてもらえるのでは?と。
そこで先ず、私のHSP気質がどのような感じなのかについて、ザッと箇条書きにしてみますね。

  • 自身のパーソナルスペースが広すぎてしんどい
  • 乗り物でも喫茶店でも隅っこの席が大好きだ
  • 人と対面する席で話をするのが苦痛だ
  • 物音がいちいち大きいガサツな人が苦手だ
  • たわいもない気の利いた雑談ができない
  • でも…、人と関わることが嫌いな訳ではない

以上をお読みなって、「あ…、自分と感覚が似てるなぁ」と少しでも感じた方は、私の苦い職歴が(笑)多少なりとも参考になるかもしれません。
次の項目では、私が経験した職種について(学生時のアルバイトも含め)、個人的に思うことを書き出してみました。

four-leaf-clover

ここからは有料記事です

続きをお読みいただくには、パスワードが必要となります。
お手数ですが、コチラ(別タブで開きます)からパスワードをご購入いただき、次のページへお進みください。
*悩み相談サービス内にて、パスワードご希望の旨をお知らせください。

HSP気質の方限定…仕事の悩みをお聞きします

HSP特有の仕事上の悩み…、色々とありますよね。
周りの人には相談し辛いし、なかなか理解してもらえない…。
でも、似た境遇の人になら、話せる気がしませんか?
私でよろしければ、お聞きいたします♪
 by 身軽なワン公(本ブログ著者)

*メールによる傾聴サービス:1,000円~
 外部サービス『coconala』の無料登録が必要です。