HSP向け物理学のすゝめ~楽に生きるヒントがあるかも?~

i-think ふと思うこと

日本でも認知度が上がったHSP

ほんの数年前までは、日本ではほとんど知られていなかったHSP…。
ここ1年ほど、急に世間で見聞きすることが増えましたよね。
キッカケは色々あると思いますが、やはり一番の日付役となったのは、某芸能人がHSPだと告白したことだろうなぁ…、と個人的に感じています(笑)。

世間では少数派になるHSPですが、それ故に周りの理解も得られ難く、生きづらさを感じやすいものです。
そのため、一般的に認知されるのはメリットと言えるものの、その反面、様々な情報が蔓延するデメリットもあると思います。
実際に、ここ1年でHSPがらみの書籍が一気に増え、メディアにも取り上げられましたよね。
こうなると、それら全てが適切な情報か不確かになるので、情報の取捨選択が必要になってきます。

また、個人的に感じていることですが、HSPがらみのSNSコミュニティも一気に増え、中には少し怪しげなものも見受けられます。
そう…、何事も注目度が上がると、そこへ付け入ってくる者が出てくるんですよね。
ですから、目の前の辛さから逃れたいがために、誤ったコミュニティに惑わされないよう、注意をした方が良さそうです。

なぜHSP気質って理解され難いの?

話が少々ズレましたので、元に戻しますね。
書店へ行けば、HSPがらみの書籍を何冊も目にする訳ですが、それらの内容には共通する部分があります。
それは、その他の一般的な人からすれば、「そんなの気のせいだよ」と片付けられてしまう内容であること。
では、「気のせい」と片付けられてしまうのは、どうしてでしょうか?
それは、目に見えない現象を取り上げて、不快と感じていることが多いから…、だと思ったんです。

思い返せば、目に見えないから周りに説明し難く、誤解を招きやすくもなる。
さらに、日本の社会って、目に見えないことは気付かないフリ?をする風潮があるようで、余計に理解を得られ難い気がするのです。
でも、HSP気質の人には分かってもらえるでしょうが、決して「気のせい」ではないんですよね。
そして、気のせいではないことを、客観的に説明する道具があります。

HSPには物理学の勉強がお勧め?!

それは…「科学」、その中でも特に「物理学」です♪
物理学って、科学(理科)の科目の中でも、特に苦手だったなぁ…って人が多いのでは?
でも、騙されたと思ってもう一度、物理学の本を読んでみてください。
学校の教科書じゃなくても、書店に並んでいる雑学本で構いません。
あ…コレって、HSP気質の本に書かれていたっけ?、なんて内容が結構あるんです。
それもその筈、HSP気質って自然現象を過敏に感じている訳で、その自然現象を文字(数式)で説明しているのが「物理学」だからです。

私は、どういうご縁なのか、学生時代の専攻が物理学だったので、HSPがらみの書籍に書かれていることは、何の違和感もなくスッと理解できました。
目に見えないことに対しての、拒絶や偏見が少なかったのだと思います。
おかげで、今では随分と気持ちが安定して、自身のHSP気質と上手く付き合えるようになりました♪

目に見えない分野で進んでいる諸外国

既にご存知とは思いますが、もともとHSPという言葉は、外国からもたらされたものです。
そう…、先ほども何度か書きました通り、諸外国(特にヨーロッパ)は日本と比べて、目に見えない分野の研究が随分と進んでいるのです。
目に見えない分野とは、最先端の物理学であったり、あるいは心理学や哲学のことです。
例えば、教科書に出てくる著名な物理学者って、ドイツ人がやけに多いですよね。

ここで、この「随分と」の程度が、5年や10年どころのレベルでないのです。
理由については、歴史的な背景を含めて話が長くなるので、またの機会にしようと思います。
簡潔に言ってしまえば、(今も昔も)日本人は目に見えない現象を認めたがらない…、という風潮が一因となっているようです。
コレって、日本で中々HSPが認知されないことや、うつ病への偏見が根強いこと等に、通ずるものがあると思いませんか?

最先端の物理学ってスゴい!

また、話がズレたので戻しますが(汗)、実は最先端の物理学って、心理学や哲学と重なりつつあるんです。
いったい何を言ってるのか?、と思うでしょうが(笑)、過去の著名な物理学者も皆、同じようなことを述べています。
例えば、最先端とまでは行かずとも、「量子力学」という物理学の一分野では、摩訶不思議な自然現象を垣間見ることができます。

それらを、雑学程度でも知ることができたら、世の中の見方がグッと広がって、HSP気質との付き合い方にも繋がるのでは?…、という訳です。
とはいえ、掴み所のないことを書き続けても無理があるので、本ブログで物理学ネタとして、少しずつ取り上げようと思っています♪

タイトルとURLをコピーしました