急な引っ越しを乗り切る3つのコツ

coffee-beside-notebook 身軽に暮らす
この記事は約6分で読めます。

転勤族で慣れている人でも、引っ越しは大変なものですよね。
ましてや、それが急に迫ったとなると、働きながらこなすためには、相当なコツが必要です(^0^;)

唯でさえ引っ越しは大変

春といえば、卒業,就職,転勤…と、人の移動が慌ただしい季節。
それだけに、3月下旬から4月上旬にかけては特に、業者の手配をするだけでも一苦労です。
最近では、物流ドライバーさんの深刻な人手不足から、引っ越し難民なんて言葉もありますよね。

引っ越しとなると、荷造りの大変さはもちろんですが、役所がらみの手続きもあり、やることで一杯になります。
これを、働きながらこなすためには、かなり事前から計画を立てて進める必要があります。
ところが、転勤族の人の場合ですと、異動を知らされるのが1~2ヶ月前なんとこともあるようで、計画も立たないですよね。

また、初めての引っ越しという人は、何からどう手を付ければよいか分からないと思います。
そこで今回は…

  • 急な引っ越しをこなした私の経験談
  • 引っ越し作業をいかに効率化するか
  • 日頃から心がけておくこと

について、つらつらと書いてみようと思います。

働きながらの引っ越し作業

私の場合、HSP気質が災いして職を転々としたため、結果的に転勤族のような生活をしてきました。
初めの頃は、不慣れな故に無駄な動きばかりで、クタクタに疲れたのをよく覚えています。
例えば、せっかく荷造りを進めていたのに、使いたいものを先に入れてしまい、また箱を開けて探し回った…という具合です(汗)。

でも、引っ越しを繰り返すうちに、効率良く進めるコツが掴めてきてくるもので、日頃の生活スタイルも変わっていきました。
そのおかげか、某派遣会社で数週間前に異動命令という無茶振りがあった時も、何とか切り抜けることができました。(公務員の場合は、引越休暇なんてものがあるようで、その点は恵まれていますよね。)

少々極端ですが…、こんな記事も書いています☝

あの「赤帽」も引越業者の選択肢

働きながらの引っ越しの場合、希望の日時にお目当ての引越業者を手配するのは、まず無理と言っていいでしょう。
唯でさえ、通販業界の過剰なサービスのために、物流業界の人手不足が深刻なご時世ですから…。

そこで、この危機を切り抜けるために利用した業者は、赤い軽トラックでお馴染みの「赤帽」でした。赤帽って引越作業もしてくれるの?、と思われるでしょうが、ドライバーさん曰く依頼の半数程度は引越作業だとか…。

それだけに、もちろん作業は手慣れたもので、荷出し荷入れを手伝う必要があるものの、費用はとても安く済みます。
急な引っ越しで、業者が決まらない…とお困りの方は、問い合わせをしてみては如何でしょうか。

ただし、私が赤帽だけで引っ越しを済ませられたのは、以下の条件が揃っていたからなのです。

  • 私が引っ越しの荷造りに慣れていた
  • 単身引越で家財のボリュームが少なかった
  • 移動距離が隣接エリアだった(~100km)

特に、ふたつ目の条件が重要なのですが、直前では対処のしようがないですよね。
では、急な引っ越しを赤帽で済ませるためのコツを、詳しく書いていきましょう♪

引っ越し作業は段取りがポイント

この記事を読まれている殆どの方は、働きながら引っ越し作業を進めていることでしょう。
この場合、いかに最低限の生活をキープしたまま荷造りをするかが、最大のポイントだと思います。
では、ひとり暮らしの単身引越という設定で、順を追ってコツを挙げてみますね♪

いつも使うモノ用の箱を設置 ← コレ重要!

普段の生活で必ず使っているものって、人それぞれあると思います。
それらを入れる専用の箱を作り、いつも使うモノをそこへ集約させるのです。
その際に、箱の口は開けたままにしておき、毎日そこから取り出して使うようにします。
そうすれば、引っ越し当日の朝に口を閉めるだけで、最後の荷造りが済むのです。
何と言っても、引っ越し先でこの箱を開ければ、生活を始められるという安心感が、一番のメリットですね♪

普段は使わないモノから箱詰め

普段の生活では使わないものってありますよね、例えば…休日にしか行わない趣味の道具。
そういった、片づけても最低限の生活で困らないものは、先に箱詰めをしてしまいます。
当然、引っ越し作業中の数週間は趣味ができなくなりますが、我慢できなければ箱を開ければよいだけです。
このように、コツコツと少しずつ荷造りを進めることが、直前になって焦らないために大事ですね♪

カテゴリー別でなく場所別に箱詰め

引っ越し日が近づいてきたら、いよいよ箱詰めを本格化させましょう。
その際に、よくあるのがカテゴリー別(書籍,雑貨…等)に箱詰めする方法ですが、実はあまりお勧めしません。
何故なら、引っ越し先で荷解きする時に、モノの配置をし直す手間がかかるからです。
そうではなく、いま住んでいる部屋の配置毎に箱詰めしておけば、荷解きが劇的に楽になるんです。
あれは何処いった~?なんてことは、まず起こらないですよ♪

日頃からミニマリストを心がける

以上は、引っ越し時の荷造りにスポットを当てて書きましたが、そもそもモノが多すぎると、上で挙げた方法でも対処できないでしょう。
つまり、頻繁な引っ越しが想定される人って、日頃から身軽な生活を心がけているんです。

定期的に断捨離をする

引っ越しの時に捨てればいいや…、これはNGですよね。
そもそも急な引っ越し時に、そんな余裕はありませんから…。
モノを持っていると、知らず知らずのうちに愛着が湧いて、捨てるのに躊躇するんですよ。

モノに執着すると、捨てられないですよね☝

その結果、明らかに不要なモノまで運ぶ羽目になり、無駄な引っ越し費用がかさむだけです。
断捨離という言葉が定着したご時世、様々な買取サービスがありますから、定期的にモノを減らしましょう。

そもそもモノを持たない

今回のテーマを突き詰めれば、結局ココに辿り着きますね…、いわゆる「ミニマリスト」ってやつです。
ただし、ストレスを抱える程にまで悪戯にモノを減らせ、と言っているのではありません

大事なのは、自分で把握できる量を持つことです。

冷蔵庫の中身を例に挙げると、何を入れているかを把握できれいれば買い物が楽ですし、食べ物を腐らせることもありませんよね。
それと同じで、自分が持っているモノを把握できていれば、引っ越しの際に無駄な労力と費用が劇的に減ります。

一般的な引越業者と赤帽では、条件次第では費用が何万円も変わってきます。
それに、赤帽に依頼できる範囲内で生活していれば、引っ越し難民になる心配は少なくなりますよね。
モノを持たない暮らし…、これは転勤族の人に限ったことではなく、ありあまるモノに翻弄される日本人が見直すべき暮らし方だと思うのです。