ナカポツと就労移行支援の違いと向き不向きについて

memo-beside-tulip 少数派の呟き
この記事は約5分で読めます。

ナカポツと就労移行支援、どちらを利用するか迷いますよね。
…が、これら2つは似て非なる福祉サービスで、利用には向き不向きがあると感じました。

失業中の悩みは「暇すぎる」こと

失業中に何をして過ごすか?
これは職を失った誰もが、一度は抱える悩みだと思います。

もちろん、失業給付と求職活動のために、ハローワークへ通う必要があります。
…が、1週間の大半を費やしていた労働が無くなり、一気に自由な時間となるのですから、時間を持て余すのは当然ですよね。

ここで、障害者雇用で勤務していた人の場合、失業給付期間を一般雇用の人より長くもらえます。
失業給付期間が長いのは、障害者への配慮?とのことで、助かる一面はあると思います。

しかし、障害者雇用は求人自体が少なく、求職活動をするにも限りがあるんですよね。
つまり、一般雇用の人よりも、膨大な時間を持て余しやすい訳です。

今回は、そんな悩みを持つ方のために、私の体験談を書いてみました。

ちなみに…就労中でも、暇すぎるのは困りものです☝︎

失業中の障害者向けの福祉サービス

失業中の障害者にとって、単独での求職活動は、大変な困難を伴います。

私は、社会人の途中から障害者雇用を利用しましたが、一般雇用との差を痛感しました。
そして、行き詰まりを感じていた時に、2つの福祉サービスがあることを知りました。

  • 障害者就業・生活支援センター:通称「ナカポツ」
  • 就労移行支援事業所:以下「就労移行支援」

両者に共通することは、「失業中の障害者の支援」という目的です。

そのため、利用したことのない人にとっては、両者の違いが分かりにくいと思います。
…が、両者は似て非なるものでして、違いを知った上で選ぶことが大事です。

私は、ハローワークの勧めでナカポツに登録したのですが、ある理由で直ぐに、就労移行支援へ切り替えました。
次では、その辺りの経緯と感想を、書いてみようと思います。

なお、就業はしており休職中の方には、リワークという別の福祉サービスが該当します。

リワークについては、こちらの記事をどうぞ☝︎

ナカポツのデメリット

ナカポツとは、国による福祉サービスです。
行政サービスであるため、各都道府県に拠点があり、無料で登録して利用できます。

…が、登録したメリットはほぼ感じられず、デメリットばかりが目立ったので、いくつか挙げておきますね。

利用開始まで非常に待たされる

行政サービスの常なのか、とにかく待たされます。
ちなみに、私の場合ですと、ハローワークに希望の旨を伝えてから、登録のための面談まで、3カ月ほども待たされましたから…。
こんなに待たされているうちには、次の就職先が決まるかもしれませんよね(皮肉)。

不便な場所が多く通いにくい

ナカポツって、辺ぴな場所が多いんですよね。
本数の少ない路線バスを、延々と乗った先の終着駅とか…。
これでは、何か困ったことがあっても、通いようがありません。

職員が少なすぎて利用しにくい

通いにくさに加えて、職員が少なすぎるという、致命的な問題があります。
その証拠に、困った時に担当者へ電話しても、ほとんど繋がらないんですよ。
聞いた話ですと、ナカポツの職員一人で、何十人もの利用者を担当しているとか…。
これでは、十分な支援を受けられず、登録する意味すら薄れるのです。

以上の理由で、辟易した私は、たった一ヶ月で見切りを付けて、就労移行支援へ切り替えました。

就労移行支援のメリット

就労移行支援とは、民間企業による福祉サービスです。
行政サービスではないため、毎月の利用料金がかかる場合があります。

ざっくりと説明しますと、直近の収入(所得)が一定額を超えている場合、利用料金がかかるという仕組みです。

就労移行支援の利用料金(LITALICOワークス)

とはいえ、利用料金がかかったとしても、それ以上のメリットが沢山ありますので、いくつか挙げてみましょう。

利用開始までがスムーズ

やはり、民間企業ということもあり、利用までの進展が早いですね。
ホームページから問い合わせたら、数日後には担当者から、面談予約の案内メールが届きました。
その上、各社とも無料体験が設けられているので、体験利用しながら検討できるのです。
ナカポツのように、数カ月もジッと待たされないのは、非常に助かることですよね。

便利な立地で通いやすい

全ての事業所が、便利な立地だと断言はできませんが、ナカポツほど辺ぴな場所はないと思います。
ナカポツと違って、就労移行支援は通所することがメインのため、通いやすさは重要ですからね。
通所日でない時に、何か困ったことがあっても、交通の便が良い場所にある、という安心感にも繋がります。

失業中の居場所にピッタリ

冒頭でも書きましたが、障害者雇用の失業中は、特に暇を持て余します。
通う場所を失ったことで、精神的にも不安定になりがちです。
その点、就労移行支援を利用すれば、通う場所ができるため、生活にメリハリがつきます。
話す相手ができることから、精神的にも安定してきます。

第三の居場所を作ることは、とても大切なことでして、就労移行支援の最大のメリットだと感じます。

障害の程度に合った福祉サービスを選ぶ

以上、2つの福祉サービスは、支援の内容に重複する部分があることから、同時に両方を利用することはできません。

そこで、どちらを選ぶか迷うところですが、目安は障害の程度によると感じました。
つまり…

  • 外出できず日常生活も困難→ナカポツ
  • 日常生活や外出が可能→就労移行支援

ちなみに、同じ行政サービスであるからか、ハローワークの障害者雇用窓口では、ナカポツを勧められがちですよね。
でも、失業期間を有意義に過ごしたいなら、就労移行支援の一択だと思うのです。

就労移行支援では、無料体験が設けられていますので、試しに体験利用してみて、無理そうならナカポツにすればいいのです。

迷っている間に無料体験を利用しよう

ただ、就労移行支援事業所は、比較的新しい業界のようで、会社は限られていますし、事業所は大都市に集中しています。

その中で、私が利用しているLITALICOワークスなら、全国の都市部に事業所がありますので、地方にお住まいの方でも利用しやすいと思います。

なお、首都圏などにお住まいでしたら、数社に選択肢が広がります。

一人でモヤモヤしていると、精神衛生上によくありません。
どうしようか迷っている間に、ひとまず無料体験を始めましょう(^^)/