日本が食品ロス大国である原因を考える

i-think ふと思うこと

祭り事が大好きな日本人

日本人はとにかく、祭り事(イベント)が大好きと言われます。
考えてみれば、昔からの風習だけを挙げても、かなりの数がありますね。
そして、それらの祭り事に付き物なのが、いわゆる験担ぎの食べ物です。

  • 正月:おせち料理
  • 節分:恵方巻き
  • 土用の丑の日:うなぎ

等々…、さらに細かいものを挙げれば、枚挙にいとまがありません。
これらに加え、日本の文化とは関係のない、クリスマスやバレンタインデーなどが、当たり前のように浸透しています。
近年では、ハロウィンやらイースターやら…、ここまでくると流石に呆れている人も、結構いるのではないでしょうか?
心もとないのか、刺激が欲しいのか知りませんが、思わず苦笑せざるを得ません。

根拠なき祭り事の違和感

正月明けの七草粥や七夕のそうめん等、季節に見合ったものを食べる分には、不自然さは感じません。
でも、冷静に考えると違和感を覚える祭り事って、いくつもありますよね。
なぜ、違和感を覚えてしまうのか?
それは、風習が自然に広まった訳ではないから…。
もっと言えば、一部の業界によって企画され、偶々それが流行っただけなんですよね。
例えば、サンタクロースの服は某企業が考え出したものとか、バレンタインデーも某菓子メーカーが企画したものとか、色々と言われています。

その中でも、私が一番呆れ果てたものといえば、節分の恵方巻きです。
昔からの日本の文化かと思われますが、実はコレ…違うんですよね。
一地方の風習に目を付けた某企業が、企画商品として出したのが大当たりしたとか…。

恵方巻きって、さほど興味は無いけど何となく買っている…、その程度の人が多いのではないでしょうか?
私たち一般消費者は、業界が仕掛けた企画に、まんまと振り回されている訳です。
食べ物がらみの祭り事は、ほとんどが似たような起源でしょうが、特に恵方巻きは滑稽で心が痛みます。

祭り事の犠牲になる食べ物

ただの祭り事なら、興味のある人達で騒げばいいのですから、他人に迷惑をかけない限り一向に構わないと思います。
私が問題だと思うのは、根拠のない祭り事のために、膨大な食べ物が犠牲になっている事実です。

恵方巻きを例に挙げますと、(先ほども書きましたが)世間の興味はいまいちだと思うのです。
恵方巻きが山のように積んであるのを見て、一体こんなに誰が買うのだろう?、と思った人は多いことでしょう。
毎年お馴染みのように、コンビニやスーパーで大量に売れ残り、従業員に買い取らせる…なんて話を聞きますよね。

近年になって、とつぜん流行りだしたハロウィンにも、同じことが言えます。
10月になると、何でもかんでもパンプキン味で、食べ物が店頭に並びますよね。
ハッキリ言って、パンプキン味なんて万人受けしないと思うのです。
その証拠に、私が以前に働いていた某カフェチェーン店では、パンプキン味が大量に売れ残り廃棄処分していました。

大量に売れ残ることが分かっているのに、業界は延々と作り続けているのです。
そんな状況では、膨大な量の売れ残りは、廃棄されるために作られたも同然です。
これは…もう、思考が停止しているとしか思えません。
今日の食べ物にも困窮している国が、この実態を知ったら一体どう思うでしょうか?
このように、今の日本は食品ロスを減らすとは言いながら、ほとんど実行が伴っていないのです。

飽食という罪を重ねる日本

私はいつも、大型スーパーやデパ地下の光景を見ると、何とも言いようのない罪悪感を感じるのです。
広大なフロアーに、見渡す限り食べ物,食べ物,食べ物…、異様な光景だとは思いませんか?

  • こんなにいったい誰が買って食べるのだろう?
  • これだけ食べ物を揃える必要があるのだろうか?
  • どうして食べ物がこんなに安く揃うのだろう?

何時だかのニュースで見かけましたが、食品ロスの内訳でスーパーマーケットが占める割合は、ダントツで大きいそうです。
ここまで書いてきた祭り事だけでなく、自分たちの普段の生活にも問題がある訳ですね。

私たちが、飽食を当たり前のように享受している裏では、地元の資源や食べ物を根こそぎ奪われ、安い賃金で労働力を搾取され、苦しい生活を余儀なくされている人がいるのです。
大きな板チョコが何故あんなに安く買えるのか?、よくよく考えてみれば異常ですよね。
便利過ぎる日本に住む=膨大な罪を作り続けていることに、まず目を向ける必要があると思うのです。

近年ようやく、日本でも食品ロスに対する意識が芽生えたのか、2019年10月には食品ロスに関する法律が施行されました。
「食品ロスの削減の推進に関する法律」の施行及び本年10月の食品ロス削減月間について | 農林水産省ホームーページより

民間企業でも、土用の丑の日に定番のうな重を予約販売制にする、といった取り組みがニュースになっていました。
これなんかは、何故もっと早くやらなかったんだ?、としか言えないですね。
ウナギ弁当完全予約で利益7割増 ファミマ検証 廃棄費用減で | 産経ニュースより

以上のことから考えて、私たち個人レベルで取り組めることも、あると思うのです。
それは、無意味な祭り事に参加するのを止めること、先ずはココからです。
皆で不買い運動を広めれば、業界も利益ありきですから、手を引くなり予約制のような対策をとるなり、対策を講ずるようになるでしょう。

全く無意味な食品ロスを減らすことは、決して難しくないのです。
業界に振り回されない賢い消費者を増やして、業界が手を引くキッカケを作りましょう!

タイトルとURLをコピーしました