障害者雇用で働いて感じた問題点と改善点

i-think ふと思うこと

はじめに

本ブログでは、言葉の表記を「障がい者」や「障碍者」ではなく、敢えて「障害者」に統一しております。
決して、偏見を込めた意味ではありませんので、予めご了承ください。

世の中に浸透してきた障害者雇用

いま、この記事をご覧いただいているのは、障害者雇用枠(以下、同雇用と略します)で働いている方、または検討中の方でしょうか?
もしかしたら、雇用主の方かもしれませんね。
今回は、特に雇用主の方へスポットを当てて、この記事を書いた次第です。

私は、社会人生活の途中から障害者手帳(身体)を持ち、同雇用枠で働き始めた者です。
元々は、一般雇用枠で働いていたのですが、身体機能のハンデが思った以上に足かせとなったため、途中から手帳の助けを借りている訳です。

思い返せば、私が社会人になりたての頃は、まだ障害者雇用が一般に知られておらず、私自身も全く頭にありませんでした。
最近では、ハローワーク(職業安定所)の求人検索端末を開けば、同雇用の求人を簡単に検索できるようになっています。
また、民間の派遣会社等でも、同雇用専門のサービスがありますね。
このように、一昔前と比べて随分と利用し易くなったのも、私が手帳を持とうと思った理由のひとつです。

ここで念のため…
同雇用は、障害者手帳を持っている人のみが利用できる雇用枠で、一定規模を超える企業には雇用義務が課せられます。
とはいえ、社会全体から見れば少数派な訳でして、マイナーな制度であることは今も同じでしょう。
そのマイナーな制度が、世間一般の関心を集めるようになった一番のキッカケは、皮肉なことですが…このニュースではないでしょうか☟

障害者雇用水増し3460人 国の機関の8割、雇用率半減:日本経済新聞

障害者雇用の問題点

先ほども書きましたが、現在は何処のハローワークへ行っても、同雇用の求人だけを抽出して、簡単に閲覧することができます。
しかし、あくまでも閲覧ができるだけでして、職業相談や紹介状の発行は、一部の主なハローワークでしか受け付けてもらえません。(私の住んでいる自治体だけでしょうか…。)
つまり、利便性がとても悪いんですよね。
唯でさえ、心身にハンデがある人が利用するのに、これでは本末転倒だと思いませんか?
この他にも、同雇用についての問題点は、労力をかけて雇用された後にも続きます。

業務が単調すぎる

そもそも、求人票に目を通した時点で薄々感じる訳ですが、とにかく単調作業が多いです。
実際に働き始めると、毎日のことなので想像以上にストレスとなり、じわじわとモチベーションを削られます。
単調作業が向いている人なら、むしろ都合が良いかもしれませんが、大半の人には辛
と感じるレベルだと感じます。
これは、障害者の一括りで業務配分をしているため、こういった問題が生じている訳です。
障害者雇用=単調作業…、どう考えても問題ですよね。

賃金が安すぎる

これも、求人検索をしている時点で気づくのですが、給料が軒並み最低賃金に等し…、そんな職場がほとんどですよね。
疑問を感じた私は、ある企業の面接で人事担当者に理由を聞いたところ、障害年金を受給しているという前提で賃金設定をしている、ということでした。
でも、これはハッキリ言って、雇う側の一方的な言い訳ですよね。
上でも書いたように、単調作業しか配分していないから、賃金も高く設定できないだけの話でしょう。

定着率が悪すぎる

これは、同雇用を受け入れる大半の企業で、悩みの種となっているようですね。
でも、途中から同雇用を利用し始めた私が感じるのは、定着率が悪くて当然だということです。
業務が単調でやりがいが無く、おまけに賃金も安いとなれば、モチベーションを維持する材料がありませんからね。
同雇用の現状は、まさに負のループにはまっている訳でして、原因は完全に雇用する側にあります。
ほとんどの職場が、その原因に気付いていない、…いや、気付いていないフリをしている、私はそう思います。

職場の現状はどうなの?

では、同雇用での職場は、具体的にどんな状況なのか?
初めて、同雇用枠で働こうと考えている方は、気になるところだと思います。
私は、まだ数ヶ所しか経験していませんが、大きく分けて2パターンあると感じたので、ご参考までに書いておきますね。

民間企業の場合

ハッキリ言いますと、企業によりけりだと感じました。
建前上、同雇用を受け入れているだけの所もあれば、積極的に採用して、受け入れ態勢が整っている所もあります。
これは、ハローワークでしっかりと情報収集をすれば、ある程度はふるいにかけられます。

ちなみに、私が働いていた事務系の某職場は、いま考えれば受け入れ態勢が整っていた方だと思います。
ただ、賃金がとても安く単調作業が多いのは、この職場で例外ではなく、定着率は決して高くありませんでした。

このような中で、モチベーションを維持して長く続けるためには、同雇用の従業員が何人もいる職場を選ぶことが、一番のポイントだと思いました。
また、不満に感じる点や前向きな要望は、黙っていないで上司に働きかけることも大事ですね。
皮肉なことに、私の場合は耐えられず退職した後に、かつて上司に伝えていた職場環境の改善が行われたようです…(汗)。

官公庁の場合

それでも、民間企業の場合はマシな方で、本当に問題なのは官公庁の場合です。
冒頭でも挙げました、水増し問題のニュースでご想像の通り、官公庁はその後、慌てて大々的に採用活動を始めました。
それは兎も角も、ただ頭数を揃えるだけの実態が、民間企業の比ではなかったのです。

私も、この点は懸念していたのですが、賃金など待遇面がダントツで良かったため、まぁ続けられるだろうと甘い考えで採用されました。
ところが、実際に働き始めると、業務が単調どころか、ほとんど用意されていなかったんです。
私は、汚いやり方には黙っていられないタイプですから、 離職をちらつかせつつ静かに声を荒げて(笑)、上司に改善を働きかけました。
慌てた上司は、業務を振り分けてもらうため他部署に働きかける…、そんなお粗末な状態なのです。

それでも、上司が動いてくれた私の職場はマシな方でして、完全に放置されている人も少なくないようです☟

「HP見るだけ」緊急雇用の障害者131人退職:読売新聞オンライン
(現在は何故か記事が削除されています…。)

お互いが歩み寄るために…

以上が、同雇用の現状について、私なりに感じたことです。

これらを踏まえ、今後どうしてゆけば改善に向かうのか?
ここにテコ入れをしない限り、ずっと今のままなのは明らかです。
そこで具体的に、雇用する側と働く側の双方について、個人的に思うことを書いてみました。

雇用する側へ望むこと

まず、障害者の一括りで業務の振り分けをしない…、これに尽きますね。
障害については、大きく分けて身体と精神がある訳で、そもそも同じ業務を課するのは見当違いと言わざるを得ません。
言葉が不適切かもしれませんが、これは実際に働いた私が感じたことでして、定着率が上がらない一番の原因だと断言できます。
一般雇用と同様に、適材適所な業務配置を心がけ、従業員のやりがいを大事にすることは、雇用主として当たり前のことではありませんか?

また、周りの従業員の人は、同雇用枠の人だからと特別扱いせず、普通に接してもらいたいと感じました。
特別扱いとは、距離を置くこと等も勿論ですが、変に優しくし過ぎることも含まれます。
私の場合、現職で特別扱いの違和感を払拭するのに、1年近くもかかりましたから…。
これについては、人それぞれで一概には言えないかもしれませんが、違和感を覚えている人は多いと思います。

働く側が努力すること

まず、決して腐らないこと…、これが大事だと思います。
私は、ハローワーク主催の合同面接会で、他の参加者の人と話をしたことがあります。
その時に感じたのが、どうせ駄目だろう…と端から諦めている人が、非常に多いことでした。
確かに、同雇用の現状を鑑みると、そういう心境になるのも理解できます。
でも、ひとりで腐っていたところで、誰も助けてはくれませんし、ましてや採用から遠のくのは明らかです。

また、働き始めてからについては、自分を売り込むことが大事だと感じました。
少なくとも、民間企業の職場であれば、要望が通る可能性があるからです。
単調作業だけで辟易しているなら、その旨を上司に伝えないことには、何も始まりません。
別の言い方をすれば、自分の安売りをしないということですね。
交渉のやり方次第では、賃金の改善も期待できるかもしれませんし…。

最後に、官公庁については厳しい言い方ですが、前向きな環境改善の見込みは期待できないでしょう。
仕事のやりがいが、モチベーションの維持に必要な人であれば、少なくとも当面は民間企業を選ぶことをお勧めします!

タイトルとURLをコピーしました