モノを持たない暮らし~足るを知る~

for-light-life

こんな方に向けて書きました♪

  • 転勤族なので身軽に暮らしたい
  • モノが増え過ぎたためか何だか疲れる
  • 断捨離したいが捨てるのに躊躇してしまう

断捨離とミニマリスト

“断捨離”という言葉…、一昔前に流行りましたよね。
大型書店へ行けば、断捨離を扱った書籍が溢れるように並べてありました。
テレビを付ければ、自称「断捨離コーディネーター」とやらを名乗る人が(笑)、ノウハウを披露していました。
さすがに最近では、ほとぼりが冷めましたが、すっかり定着していますよね。

そして、断捨離と入れ替わるように流行っているのが、”ミニマリスト”という言葉です。
この2つは、一見すると同じ事を言っているように思えますが、取り組み方に違いがありますよね。
つまり…

  • 断捨離…すでに持っているモノを捨てて減らしていく
  • ミニマリスト…そもそもモノを持たないようにする

ほとんどの場合は、まず断捨離から始めてその快適さに気付き、ミニマリストな暮らしを始める人が多いと思います。(私の場合もそうでした。)
でも、できれば初めからミニマリストな暮らしをする方が、賢い生き方だなと個人的に感じます。
それが中々できないから、ミニマリストを扱った書籍が溢れかえっているのでしょうが…(笑)。
それにしても…何故ここまで、ミニマリストが話題にされるのでしょうか。

モノが増えると疲れる?

コレクション等が趣味の人にとっては、何を言ってんだか…と感じるかもしれませんが、身の回りのモノが増えるほど精神的に疲れるのは事実です。
例えば、好きなミュージシャンのCDを集めるのが趣味の場合、買ってきたCDを棚に並べて眺めるのが楽しいんですよね。(かつての私もそうでした。)
ところが、その数が増えるほど収納スペースがかさばりますし、メンテナンスや掃除が大変になります。
ましてや、コレクションの中にプレミア付きの高価なモノが含まれていれば、大事に扱わないと…と余計な気を遣わなければなりません。

もっと分かりやすい例で言いますと、自家用車(マイカー)が典型的ですよね。
自家用車を所有すると、確かに日常生活が格段に便利になりますが、反面デメリットも同様に…いや、それ以上に増えます。

  1. 税金や保険といった金銭面の負担が増える
  2. エンジンオイル等のメンテナンスが必要になる
  3. 高価なモノゆえ盗難対策等に気を遣うことになる

単なる移動手段として車を所有しているなら兎も角も、車に愛着を持っていたり大金をつぎ込んでいる人ほど、(2.)~(3.)による精神的な負担が増大します。
これは自家用車に限った話ではなく、身の回りのいかなるモノにも言えることだと思います。

少し難しい言葉で纏めますと、モノに執着するほど精神的な苦しみや不安が増す、と言ったところでしょうか。
住宅街を歩いていると、いかにも裕福そうに見える家の玄関には必ずと言っていいほど、SECOM等のシールが貼ってありますよね。
個人宅なのに大袈裟で滑稽だと思いませんか?、あれが精神的な苦しみや不安の表れなのです。

これらを苦に思わない人はそれで構わないのですが、何となく日常がサッパリしないと感じている人にとっては、目を逸らせない事だと思います。
特にHSP気質の人である場合、唯でさえ世間との交わりで精神的に疲弊しやすいのに、自宅に帰っても別の苦しみに付き纏われるのは、かなり厄介な問題ですよね。
私も、かつてモノに執着していた過去がありまして、その頃はHSPなんて言葉はありませんでしたから、気が滅入ってしまった記憶があります。
でも、自家用車を手放した時に感じた解放感が、モノへの執着を止めるキッカケとなったのです。

モノを減らしていくポイント

では、モノに執着する生活から解放されるには、どこから手を付ければよいのでしょうか?
モノを断捨離するにも、先ほど書いたようなコレクションを趣味にしている人は、特に躊躇してしまうと思います。
私も実は、闇雲に断捨離をした訳ではなく、手放すモノを決めるのに理由付けをして進めました。
そうしないと、いったん執着してしまったモノを手放すには、相当の覚悟がいるからです。(いま思えば大した覚悟ではないですが…。)
ここでは、私の経験と色々な書籍等から得た情報から、モノを手放す(持たない)ポイントをまとめました♪

レンタル事業が存在するモノは買わない

これは、確かネット上の記事からヒントを得たのですが、実に的を得た説得力のあるポイントです。
例えば、先ほども書いた音楽CDや映画DVDって、レンタルショップが存在しますよね。
ここで、何故レンタル事業が成り立っているのか?…と考えますと、それだけの需要があるということなんです。
逆に言えば、その音楽や映画に特段の思い入れでもない限り、購入して所有するには費用対効果が非常に悪いということ…。
賢く節約している人は、そこら辺りの金銭感覚が研ぎ澄まされているのでしょうね。
ですから、モノを買う時には一度立ち止まって、レンタル事業が存在しているか?を判断基準に入れると良いと思います。
他にも例を挙げますと…

  • 自家用車…レンタカーやカーシェアリングで代用できる
  • 全自動洗濯機…コインランドリーがあれば代用できる
  • アウトドア用品…年に数回ならレンタルで十分に間に合う

ちなみに、全自動洗濯機については生活に直結するモノで判断に迷いますが、人によっては意外と費用対効果が悪いんですよ。
この辺りについては、他の記事でも書いておりますので、ぜひご覧ください♪

多読よりも愛読書を数冊だけ持つ

気が付かないうちに増えるモノとして、本がよく挙げられると思います。
特に、本を読むのが好きな人にとっては、読み終えた本を本棚に並べるのも楽しみのひとつでしょう。
それはそれで構わないとは思いますが、やはり本も増えすぎると考えモノです。
幸いなことに、古本屋という業界が成り立っているため、要らなくなった本は売れば手放せられますが、費用(労力)対効果という点では決して良いとは言えません。
これは、上で挙げた話にも通ずるのですが、先ず…本って図書館で間に合いますよね。
ただ、図書館に並ぶ本は数に限りがあるため、なかなか手に入らなかったり目的の本を取り扱っていなかったりするから、結局は書店で買ってしまうのでしょう。

ここで、有効利用できるのが、最近やっと浸透しつつある電子書籍です。
紙の書籍より少し安価だったり、試し読みサービスがあったりと、日本でも徐々にサービスが良くなってきています。
何しろ、電子書籍であれば、冊数が増えてもモノでかさばりませんから、身の回りが随分と身軽になります。
そして、電子書籍で何度も読み返すような良書に巡り合えば、古本で紙の書籍を買い直す訳です。
こうすることで、手元にある紙の書籍は数冊の愛読書のみになり、身も心も身軽になるという一石二鳥です。
買った時に読んだきり、二度と開かない本で本棚を埋め尽くされるのは、精神衛生上も疲れますから…。
ご参考までに、電子書籍については他の記事でも書いておりますので、ぜひご覧ください♪

銀行口座やクレジットカードは最小限に持つ

これは、目に見えるモノを減らすことからは外れていますが、モノを管理する煩わしさという点で侮れないのがコレです。
あなたは、銀行口座やクレジットカードをいくつ持っているか、それぞれの残高がどうなっているか等、きちんと把握できていますか?
これができていない、或いは把握するのが苦に感じるようなら、自身のキャパシティを超えて持ち過ぎと言えます。

特に、クレジットカードなんかは、チェーン展開の店舗やショッピングモールに行くと、お決まりのように勧誘の声がかかりますよね(笑)。
ポイントがザクザク貯まるとか、年会費がずっと無料だとかにつられて、軽い気持ちで作ってしまいがちですが、問題はその後の煩わしさなんです。
そのまま放置していて平気な人なら構わないですが、几帳面な人だとセキュリティ面のことやら管理の仕方やらで、頭の中がいつも忙しくなってしまうのでは…?
その上、仕事の転勤等で引っ越しすることにでもなれば、住所変更だけでも辟易してしまいます。

そんな煩わしさから解放されるためには、銀行口座やクレジットカードの所有は最小限に留めるべし!
個人的な感覚では、銀行口座とクレジットカード共に2つあれば十分、多くても3つ迄かなと思います。
さらに、管理をシンプルにするコツを挙げるなら、各種の金融サービスを包括して運営している会社を選ぶことです。
例えば、通販で有名な楽天は、銀行,クレジットカードはもちろん、証券会社も備えています。
加えて、ポイントカード,電子マネー,QRコード決済まで、選り取り見取りです。
もちろん、楽天しか選択肢が無くなるので妥協する部分は出てくるでしょうが、一元化するシンプルさには代えられませんよ♪

足るを知る…とは?

私たちの住む日本は、実に便利で快適な国です。
ショッピングモールへ行けば、欲しいモノが選り取り見取りに並んでいます。
家電量販店へ行けば、目移りするほど便利過ぎるモノが、お金さえ出せば手に入ります。

でも…、ちょっと立ち止まって考えてみてください、こんな状態って異常だとは思いませんか?
欲しいモノが欲しいと思った時に当然の如く手に入る…、その裏では資源や労働力を只同然のように搾取され、泣き寝入りを余儀なくされる人がいるのです。
私たちが、便利さ快適さを追求すればするほど、その被害は際限なく広がる訳です。
しかも、日本はこんなに恵まれているにも関わらず、ストレス社会やら奇怪な事件やら、世間はどんどん変になっている…。
これは、モノの豊かさでは決して人は幸せにはなれないことを、まざまざと見せつけられていると感じます。

仏教の言葉で、「足るを知る」というのがあります。
ここでは詳しい説明は省きますが、よく説明されているのは「身の程をわきまえる」という意味です。
今回のテーマに当てはめれば、身の丈に合ったモノを身の丈にあった量だけ持つ、といった感じでしょうか。
この言葉に習って、謙虚に自分の身の回りを振り返ると、実に身の丈を超えたモノを貪っていることに気付かされます。
同時に、モノへの執着が薄れていき、不思議と心が落ち着くのが分かります。
これは単なる精神論ではなく、実践してみれば体感的に分かるものでして、世間でミニマリストが広まった所以だと感じます。

昨今の世界情勢を見ても、この類の問題に目が向けられるようになりつつあります。
スウェーデンの環境活動家グレタさんの例を見ても、突き詰めれば経済大国の「足るを知る」の欠如が、問題の根底にあると思うのです。
また、「世界一貧しい大統領」として有名になった、ウルグアイのホセ・ムヒカ元大統領をご存知でしょうか?
この人が、とある国際会議で発した演説は、日本人に対して言っているのではないかと、思わず恥ずかしさを覚える程です。
後で知ったのですが、この演説は子供向けの絵本にもなっているそうですね。

私は、こういうことこそが今後の義務教育で教えるべきことだと、つくづく思います。
日本を含め、モノに恵まれ過ぎている国の人達が、この「足るを知る」の教育を受けて世の中に浸透すれば、様々な問題が自ずと改善されると思いませんか?