宅建士がコスパの高い資格だと思う3つの理由

for-light-life 生活を身軽にする

法律系資格の登竜門「宅建」

世の中には、国家資格だけでも、実に様々な種類があります。
その中でも、メジャーな資格に挙げられる一つとして、宅地建物取引士(以下、宅建)があると思います。
大型書店の資格コーナーへ行けば、宅建がらみの書籍は群を抜いて多いことからも、人気の高さを伺うことができます。

若い頃の私は、不動産の分野に興味が無かったため、宅建の資格にも全く関心がありませんでした。
ですから、よく言われる「宅建は法律系資格の登竜門」という言葉も、自分には関係がないと聞き流していました。
ところが、弁理士という難関資格に挑んだことを機に、この言葉の重要さを痛感させられたのです。

「民法」は法律系資格の土台

弁理士は、知的財産権を扱うかなりマイナーな資格なので、その勉強に専念すれば良いように思われます。
しかし…実は、バックボーンとして民法の基礎知識が、とても重要なのです。
私は、民法もろくに知らない状態で挑んだため、ある段階から実力が伸び悩み挫折してしまいました。
いわゆる、砂上の楼閣って状態だったんですね。

弁理士に限らず、資格の勉強で同じような経験をされた人は、結構いるのではないでしょうか?
そんな時は、たとえ遠回りなように感じても、民法の基本書へ立ち返った方が良いかもしれません。
もっと言えば、ただ民法の基本書を読み込むだけより、宅建の資格に挑むことをお勧めします♪

宅建の勉強で得られる副産物

必要のない資格を取るなんて無駄だ…、そう思われるかもしれません。
でも、宅建の勉強を進めていく中で、思いのほか得られるものが多いんです。
これが、登竜門と言われる所以だなと実感したので、個人的に有益だと感じた3点を書いてみますね♪

民法の基礎知識が備わる

民法を勉強するとは言っても、あまりに量が膨大なため(条文数だけでも凄まじい)、どこから手を付ければよいか分からないでしょう。
しかも、民法は生活に密着した法律にも関わらず、一般人には馴染みが薄いですよね。
もちろん、司法試験を受ける訳ではないので、民法を徹底的に勉強する必要はありません。

ここで、宅建の試験で頻出される、民法の出題内容を見てみると、よくある基本書レベルで丁度良いんですよ。
つまり、宅建の資格に挑むことで、民法の基礎知識が身につき、資格も取得できる訳です。
これだけでも、既に一石二鳥ですから、受験料の元が取れたようなものだと思います。

いやいや…、試験に合格しないことには、資格は取得できないじゃないか?
確かにその通り…、宅建の難易度は上昇傾向にあると言われます。
とは言え、行政書士などの他資格と比べれば、随分と手の届きやすいレベルです。
この適度な難易度も、一石二鳥を狙って受験する価値がある、十分な理由だと思っています。

世の中の常識が身につく

まず、宅建の勉強をすることで、法律的なものの考え方が身につきます。
法学部を卒業した人なら兎も角も、その他の一般人にとって、そういう機会は中々ないですもんね。
ただ、これは法律系の他資格にも言えることなので、特筆すべき点ではないでしょう。

私が、宅建を勉強して良かったなぁと感じたのは、世の中の仕組みを知ることができた点です。
例えば…、地方自治体の役割,街づくりの仕組み,税金の種類…等々
どれも、大多数の人が普段の生活を送る中で、あまり意識していない分野でしょう。

でも…本来は、社会人として知っておくのが当然のことでしょうし、きちんと勉強している人はいる訳です。
これらの仕組みが分かると、世の中への視野が広がって、社会ニュースへの関心も高まります。
その知識が、宅建の勉強を通じて得られるのは、とても有益なことだなと思ったのです。

不動産物件の目利きになる

私が、宅建を勉強して一番役に立ったと実感したのは、コレですね(笑)。
「何だぁ、そんなことか…」と思われるかもしれませんが、住まいの契約はとても重大なことですよ。
私の経験上、(言葉は悪いですが)不動産業界の人達って、誠実な人は殆どいないように思います。
宅建で得た知識は、そういう玄人を相手に、丸め込まれず対等に話を進め、自分を守る武器になるんです。

例えば、物件の専門的で細かいリスクや、契約書面に潜む不審な点などを、注意深くチェックする嗅覚が身につくのです。
一般人では気づきにくく、契約した後でガッカリするような懸念事項を、事前に避けることができる訳です。
不動産屋の営業担当は、マイナスな事項を説明したがりませんから、こちらから気づける利点は大きいですよ。
また、将来的に不動産を売却する予定がある場合も、宅建で得た知識が大いに役立つことは、言うまでもありません。

宅建は生業にしなくとも有益な資格

私もそうでしたが、宅建って不動産屋を営む人が取る…、というイメージがあると思います。
ところが、上で書きました通り、宅建の勉強から得られることだけでも、実に沢山ある訳です。(一石二鳥どころの話じゃないですよね。)
これほどコストパフォーマンスの高い資格は、他には中々ないと思うのです。
これが、宅建が安定した人気を誇る資格であり、大型書店にあれだけの書籍が並ぶ理由でしょう。

不動産と言えば、衣・食・住の「住」にあたる大事な要素ですから、実生活で役に立つのは必然なのかもしれません。
ですから、不動産業を生業にする予定がなくとも、あるいは不動産に興味がなくとも、法律系資格に興味があるなら、宅建を経由して損はないと言えます。

何かの機会に、不動産業を営むことになったら、その時に手続きを踏めばよいのです。(宅建の資格自体に、有効期限はありません。)
資格は、持っていても荷物にならないし、腐ることもありませんからね♪

タイトルとURLをコピーしました