9ヶ月で無理なく宅建に合格する方法

for-light-life

こんな方に向けて書きました♪

  • 法律系資格の導入として宅建を考えている
  • 働きながら無理なく勉強をして合格したい
  • 失敗したので確実に次の試験で合格したい

* 本記事は2018年の合格経験を元に書いています。
  宅建の合格を保証するものではありません。

宅建は法律系資格の登竜門

12月に入り、今年も宅建試験の合格発表がありましたね。
晴れて合格できた方もいれば、あと一歩届かなかった方もいることでしょう。
残念ながら、今回は不合格となった方も、その努力は決して無駄にはなりません。
幸いなことに、宅建試験はいわゆる難関資格とは違い、常識的な努力で受かる資格です。
ですから、ここで投げ出さずに今回の不足していた点を洗い出し、次にフィードバックさせれば確実に合格へ近づきます。

宅建試験は「法律系資格の登竜門」と言われる通り、初めにシッカリと身に付けておけば、今後の自己研鑽の可能性が広がります。
どういうことかと言いますと、宅建の勉強を進めていく中で、法律的な考え方や民法の基礎が身に付くのです。
民法という法律は、法律系資格の土台に当たり避けては通れません。
ところが、その内容は膨大でしかも複雑なため、初学者にとって高い壁となるのです。
その民法を頭越しにして、いきなり難関資格に手を出すのは、決してお勧めできません。

私の失敗談ですが、いきなり弁理士という難関資格(司法試験並みの難易度)に手を出し、4年後に挫折した経験があるのです。
民法はおろか、法律の基礎すら身に付けていなかったため、砂上の楼閣になってしまったのですね。
その後に、ふとしたキッカケで宅建の勉強を始めた時、挑戦する順番を間違えたなぁ…と痛感したのを覚えています。
つまり、法律の初学者にとって宅建の勉強は良い土台作りになり、遠回りなようで非常に効率的な方法なのです。
これが、一般的に「登竜門」と言われる所以だろうなと、個人的に感じています。

宅建の難易度は上がっている?

「宅建」という言い方は略称でして、正式には「宅地建物取引士」と言います。
ご存じの方もいるでしょうが、実は以前の名称は「宅地建物取引主任者」でした。
このように「士」が付いたことで、国家資格としての格が上がったように思えますが、実態としては名称が変わっただけだそうです。
ただ世間では、宅地建物取引士と名称が変わってから、試験が難化傾向になったと言われています。
実際のところ、どうなのでしょうか?

難易度について

私は試験勉強のひとつとして、試験対策の定番と言われている、過去10年分の過去問題集に取り組みました。
その中で気づいたのは、問題の内容自体の難易度に目立った変化はなく、正解しにくい出題形式が導入されているということでした。
従来は、「次の中で誤っているものをひとつ選びなさい」という出題形式だったので、いわゆる消去法で解ける可能性があります。(資格試験のテクニックの定番ですよね。)
対して、「次の中で誤っているものはいくつあるか答えなさい」という出題形式ですと、選択肢の全てを理解していないと正解に辿り着けません。(この正解しにくい出題形式が出始めたのです。)
そのため、正確な知識をシッカリと身に付けることが、従来より重要になりつつあると言えます。
とはいえ、50問中の多くが後者の出題形式に置き換わった訳ではないので、総合的な難易度は少し上がった程度だと感じました。

勉強期間について

宅建の勉強法については、実に多くの情報で溢れているため、どれが確実なのか分からないことでしょう。
その中でも、よく見かけるのが「6ヶ月あれば十分♪」とか「3ヶ月で受かった!」といった、短期合格の謳い文句だと思います。
しかし、私の個人的な感想としては、6ヶ月でも法律の初学者には不十分だと思います。(時間に余裕のある学生さんなら別ですが。)
このような短期合格例は、民法以外に重点を置いて満点近くを狙う等、かなりのリスクを伴うからです。
逆に言えば、民法の素養がある方であれば、6ヶ月の短期合格も狙えるとは思います。
先ほども書きましたが、民法は法律系資格の土台ですから、スタート時点で手を抜くのは砂上の楼閣になり、長い目で見るとお勧めできません。
しかも、出題形式が難化している点も考慮すると、その場凌ぎな勉強法はハイリスク・ローリターンだと思います。

無理のない9ヶ月の勉強プラン

以上のことから、私がお勧めする勉強期間は「9ヶ月」です♪
とは言っても、1週間あたりの勉強時間が少な過ぎては、ダラダラと勉強しているだけで意味がありません。
参考までに、私の場合ですと…

  • 平日(仕事のある日):1~2時間
  • 休日(仕事のない日):3〜4時間

これを9ヶ月の間、毎日コツコツと続けました。
これぐらいであれば、働きながらでも続けられる方が多いと思います。
ちなみに、休日にドカッとまとめて勉強するのは、定着率が伸びず労力対効果が悪いだけです。
では具体的に、この9ヶ月間をどのようなプランで進めるのか?、私の経験で恐縮ですが書いてみますね♪

土台作りの3ヶ月(1~3月)

私は、法律の基礎からやり直すため、この3ヶ月は民法だけをジックリと取り組みました。
宅建のテキストを並行して進めたいところですが、初学者の方は民法だけに専念することを強くお勧めします。
理由は先ほども書きましたが、宅建関連の法律においても民法は土台だからです。
また、民法は宅建の試験範囲の中では最も理解が定着しにくい分野である一方、いったん定着してしまえば忘れにくい分野でもあります。
民法に関する基本書は、探し始めると切りが無いので、インターネットの評判等から1冊を選びましょう。
私の場合は、初学者向け民法の基本書として評価の高い、以下の書籍を使いました。

民法がわかった改訂第5版 [ 田中嗣久 ]

価格:2,970円
(2019/12/15 17:12時点)

インプットの3ヶ月(4~6月)

民法の基礎が身に付いたところで、いよいよ宅建のテキストへと進みます。
宅建の試験範囲は、非常に多岐に渡るものの頻出分野は限られており、大体のテキストでは以下の4つに分けられています。

  1. 民法等
  2. 宅建業法
  3. 法令上の制限
  4. その他(税金等)

ここで、(3)は割と勉強が捗りやすく、(4)は毎年の出題数が少ないので、セットで勉強プランに組み込みます。
つまり、頻出分野を大きく3つに分けて、1ヶ月毎にジックリと取り組む訳です。
宅建のテキストは、これまた切りが無い程の種類があるため、書店で内容を確認して自分に合うものを1冊だけ選びましょう。(何冊も選ぶのは決してお勧めしません。)
私の場合は、取っ付きやすさと内容の濃さとのバランスが良い、以下の書籍を使いました。

アウトプットの3ヶ月(7~9月)

宅建のテキストを一通り勉強したら、次は過去問集を使って問題を解く練習です。
勉強プランは人それぞれですが、インプットの時と同じ流れで進めるのが無難だと思います。
ここで大事なのは、解けなかった問題は解説を読むだけでなく、インプットで使ったテキストに戻って関連項目も復習することです。
とても面倒な作業ですが、この積み重ねが実力を伸ばす一番の近道なのです。
インプットとアウトプットは車の両輪のようなもので、並行してバランスよく回さないと中々前に進まないんですよね。
この3ヶ月で、知識が定着した分野,あやふやな分野,歯が立たない分野、この3つにふるいに分けられます。(後で分かるように印を付けておきましょう。)
過去問集については、インプットで使ったテキストに対応したものを選ぶと、効率よく復習に戻ることができます。
私の場合は、以下の過去問集を使いました。

直前の数週間(10月1日~試験日)

この直前期では、もう新しいことには手を出しません。
先ほどのアウトプットで、3つのふるいに分けたと思いますが、そのうち「あやふやな分野」の復習に専念します。
つまり、「歯が立たない分野」については、思い切って捨てるということです。
この思い切りが結構大事でして、「歯が立たない分野」というのは大抵、他の人も解けないことが多いのです。
他の資格試験にも言えることですが、誰もが解ける基本問題を如何に落とさないかが大事でして、宅建の場合は特に合否に影響しやすいのです。
それに加えて、誰もが苦手とする民法で点数を稼げれば、確実に合格が近づきます。
民法の勉強を始めに持ってきて、ジックリと取り組む勉強プランが、ここで実を結ぶ訳です。
なお、資格試験の直前期については以下の記事でも書いていますので、是非ご覧になってください♪

宅建は独学でも合格できる

私の経験上ですが、宅建は他の法律系難関資格とは違って、働きながら独学で十分に合格できます。
では改めて、独学で勉強を進めるために大事な2つのポイントをまとめておきますね♪

毎日コツコツと続けること

どんなに疲れた日でも、毎日決めた時間に勉強をすることです。
余程のことが無い限り、休日にまとめて勉強することは避けましょう。
そのためには、予め自分の生活スタイルを分析して、無理のない勉強時間を始めに決めることが大事です。
また、先ほど月単位の勉強プランを書きましたが、絶対にブランク期間を作らないことです。
せっかく定着しかけた知識が台無しになりますし、何しろモチベーションの低下に繋がるからです。

同じ書籍を繰り返し読むこと

宅建の独学で一番のネックになるのは、(皮肉なことですが)書籍や情報が多すぎるために、途中で勉強法がブレてしまうことです。
私の経験上、途中で勉強法を変えたところで、良い方向へ転がることは殆どありません。
この辺りついては、以下の記事でも書いています。

なお、全くの独学で進めるのがどうしても心配でしたら、通信教育を利用するのもアリだと思います。繰り返しになりますが…宅建は、適度な難易度で法律の基礎が身に付けられる、コストパフォーマンスの高い資格です。
せっかく費やす労力を無駄にせず、確実に登竜門をくぐって次のステップへと進みましょう♪