新しいことを始めるのがしんどい理由を物理的に考えてみた

drop-of-water 心軽やかになる
この記事は約3分で読めます。

新しいことを始めるときは、最初が一番しんどいものです。
これって、重い荷物の押し始めと、少し似ていますよね(^^)b

はじめに

このお話は、物理の勉強が初めての方向けに、ざっくりと書きました。
雑学的な内容ですので、専門的な指摘はご遠慮ください。

荷物の押し始めがしんどい理由

まず、「始めがしんどい」に絡んだ、物理のお話をしましょう。

重い荷物って、運ぶのが大変ですよね。
引っ越しのとき、書籍がパンパンに入ったダンボール箱は、持ち上げるのも嫌になります(笑)。
そこで、床に置いたまま押しちゃう訳ですが、これが中々動かない…(汗)。

ところが、いったん動き始めると、割と楽に動かせますよね。
おそらく皆、経験的に知っていることなので、始めは勢いをつけて押すでしょう。

でも、よく考えてみると、不思議だなぁ~と思いませんか?
このような日常の疑問を、数式で説明して世の中に役立てる、それが物理なんです。

静止摩擦力と動摩擦力の関係

ほら…、難しい言葉が出てきた(汗)、なんて構えないでくださいね。

「摩擦力」という言葉自体は、中学の理科で学んだでしょうか。
少し専門的に言うと、摩擦力には、次の3種類があります。

  • 静止摩擦力:物を押しても動かないときの摩擦力
  • 最大摩擦力:物が動き始めるときの摩擦力
  • 動摩擦力:物が動き出してからの摩擦力

そして、これらの間には…

(静止摩擦力がだんだん大きくなり)最大摩擦力 > 動摩擦力

という関係があると、物理の教科書に書かれています。
ざっくり言うと、物が動き出したら摩擦力は小さくなる、という意味です。

コレって、荷物は押し始めがしんどい話を、物理的に説明しているんですね。

物理の話は結構…という方は、コチラの記事をどうぞ☝

自然現象を紐解くのが物理

じゃあ、それは何故なの?、と追求するのが物理な訳です。

…が、実はその理由について、ハッキリとは解明されていない…?、らしいですよ。

私が学生の頃、物理の教師が言っていました。(間違っていたらごめんなさい。)
科学技術が発達した現代でも、未だ解明できないことってあるんだなぁ~と、今でも印象に残っています。

「物理」とは言葉通り、「物(の振る舞い)」の「理(由)」を説明するものです。

先ほども書きましたが、よく考えたら不思議だなぁ~と思う自然現象を、数式を使って説明しているんですね。
数式で説明できれば、その自然現象を計算で予測可能になるため、科学技術へ応用できる訳です。

世の中の物事は、こうして説明された数式を使って、より便利で快適に動いているのです。

さらに専門的ですが、こんな記事も書いています☝

何事も始めが一番しんどいもの

物理は難しいイメージがありますが、雑学程度でも知った上で生活すると、日常が少し奥深くなります

今回のテーマで言えば、新しいことを始めるのと荷物の押し始めは、どちらも同じくしんどいという点です。
つまり、何事も始めが一番しんどいのだから、そこは辛抱しようと思えるようになりますよね。(少々こじつけですが…笑)

もちろん、新しいことを始めるしんどさには、きちんと医学的な理由があるのでしょうが、難しいことは止めましょう。
それより、直感的にシンプルに捉えた方が、楽だし楽しいですよね。

本ブログで物理を扱った、最初の記事です☝

本ブログでは、他にも物理を交えた話題を、気まぐれに書いています。
ぜひ、お時間がありましたら、探してみてください(^^)/