紙は最高の発明だと思う~紙の手帳が現役の理由~

for-light-life 生活を身軽にする

スマートフォンは本当に便利か?

今や、ひとり1台スマートフォンが、当たり前の時代になりました。
スマートフォンと言えば、アプリをインストールすることで、欲しい機能を増やすことができるのが魅力です。
例えば、カレンダー機能ひとつ取っても、実に様々なアプリがありますよね。
無料アプリはもちろん、課金すれば実に多機能なものが手に入ります。

それだけに、プライベートの予定はもちろん、仕事のスケジュール管理までも、スマートフォンで行っている人も見かけます。
使ってみると分かりますが、予定検索のし易さやら、アラーム機能やら、紙の手帳にはない便利さがあるんですよね。
何しろ、紙の手帳という持ち物がひとつ減らせる♪という点は、ミニマリストにとって一番の魅力ではないでしょうか?

私もかつて、手帳アプリをいくつも試して、生活に取り入れようとした時期がありました。
ところが、 何故かしっくりこなくて、結局は使わなくなった んですよね。
向き不向きもあるようですが、紙の手帳の方が落ち着くのは、私だけでしょうか?

スマートフォンの手帳のデメリット

先ほど書いた他にも、スマートフォンを手帳代わりにするメリットは、人それぞれ沢山あると思います。
ただ、 デジタル技術って割と気づきにくいトラブルが潜んでいて 、思いがけない場面で悩まされることがあります。
ここでは、そういった視点で私が感じている、スマートフォンの手帳のデメリットを書いてみました。

手軽に使えない不安感がある

スマートフォンは手帳専用端末ではないので、どうしても紙の手帳の使い勝手には劣ります。
画面をONにし、アプリを開いて、予定の追加ボタンをタッチして…
使っていくうちに、これらの操作が煩わしくなるんですよね。
また、電話やらメールやらネットやら、スマートフォンを使う場面は多いので、思わぬ電池切れの恐れもあります。
さらに、セキュリティの高い施設には、持ち込めないこともありますよね。

データ管理の煩わしさがある

まず、データ消失の恐れがありますから、バックアップは必須ですね。
長期のバックアップには、USBメモリやDVD等を使うでしょう。
ところが、こういう記録媒体って、割と寿命が短かったりするんですよね。
また、使っているサービスがいつまでも続くとは限らず、使い勝手が変わることもあります。
そういった、余計なことに頭を使うのって、煩わしいと感じませんか?

俯瞰しにくく頭の整理に不向き

最近のスマホは大画面とはいえ、手帳として使うには小さいです。
その小さな画面で、大事な予定をチマチマと整理していると、イラっとしてくるんですよ(汗)。
そして、全体を俯瞰しにくいものだから、予定を整理したつもりでも、どうも頭がスッキリしない…。
これは、体感的なもので向き不向きの問題かもしれませんが、手帳に限らず読書においても、デメリットとして個人的に感じています。

紙の手帳のメリット

年末年始や新生活の時期になると、LOFTや東急ハンズにズラリと並ぶ、紙の手帳の数々…。
ある意味、紙の手帳ならではのメリットがあることを、この光景が示していますよね。
ここでは、私が個人的に感じている、紙の手帳のメリットを書いてみました♪

サッと使える安心感がある

予定を確認したくなったら、サッと取り出し、目的のページを開いて、予定を書き込む…。
また、どこでも使えますし、電池切れの心配もありません。
当たり前のことですが、この 安心感は手帳にとって大事で、紙の手帳ならでは だと思うのです。
プライベートは兎も角も、仕事の場では余計な不安感は、ミスの要因にもなり得ますからね。

管理がシンプルで結果的に楽

これも当たり前のことですが、紙の手帳はバックアップが不要です。(もちろん手帳を無くしたら問題外ですが…。)
一年を使い終えたら、決まった場所へ保管するだけ…、至ってシンプルですよね。
それに、フォーマットの種類はあるものの、基本的な使い勝手は今も昔も変わりません。
全体として見れば、 紙の手帳の方が断然、ミニマリスト向け だと思いませんか?

俯瞰しやすく頭に残りやすい

本ブログでは、他の記事でも度々触れていますが、 紙に書き出すと心が落ち着く んですよね。
そして、予定全体を俯瞰しやすく、頭の整理が捗るんです。
また、不思議なことに、書き込んだことが頭にも残りやすいので、予定をすっぽかす予防になります。
これらは、あくまで体感的な感想であり、科学的な根拠は把握していませんが、紙の手帳が今でも愛用される一番の理由だと思うのです。

「紙」という息の長い発明

「発明」と言われて、私が一番に思い浮かぶのは、エジソンの白熱電球です。
その後、屋内照明が蛍光灯に置き換わってからも、適材適所に使われ続けてきました。
そんな電球も、LEDが世に広く普及し始めたため、遂に役目を終えつつありますよね。

これを踏まえて、「紙」という記録媒体はどうでしょうか?
IT社会と言われる現代においても、相変わらず使われ続けています。
当たり前に使われていますが、これほど息の長い発明って、他には無いと思うのです。

21世紀に入る頃だったか?、ペーパーレス社会という言葉が出始めましたが、今でも極めて重要な書面は、必ず紙で取り扱われています。
理由は至ってシンプル…、一番確実で安心だからです。
デジタル技術の危うさが、間接的に証明されていますよね。

また、普段の仕事の場において、重要な書面を完成させる時に、紙へプリントアウトして確認しませんか?
これも、読みやすさや頭の整理といった体感的な理由で、紙の方が勝っている証拠だと思うのです。
ペーパーレス社会とは言うものの、やはり紙は便利なんですよ。

とは言え、環境問題が深刻化する現代において、ペーパーレスを進めること自体は必要です。
大事なポイントは、デジタル技術と紙のメリットを明確に区別し、全体として紙の割合を減らすことだと思います。
ちょっと、話が大きくなり過ぎましたが、要は適材適所が大事ってことです。
以上、紙は偉大な発明だよね!、というお話でした。

タイトルとURLをコピーしました