年末年始の雰囲気が憂鬱で嫌いな人

for-light-heart 心を身軽にする

年末年始になると、子供の頃はワクワクしていたのに、今ではむしろ苦手…(^^;)
同じような気持ちの人って、意外と多いのではないでしょうか?

年の瀬は心がざわつく

12月と言えばクリスマス♪、それが終われば一気に年越しムード、息つく暇もない…。
職場では、通常の仕事は手に付かず、挨拶回りでソワソワ…。
仕事納めが終われば、身近な人と連日の忘年会、後回しにした年賀状作り…。
実に、忙しない。

そして大晦日には、カウントダウンイベントだの、午前0時の初詣だの…。
日本人って本当に、イベント好きな国民ですよね。
よくも毎日、ハイテンションが続くものだなと、いつも周りの人を見て感じます(汗)。
確かに、1年の区切りではあるから、験担ぎをしたくなるのは分かります。

でも…、冷静に考えると年末年始って、目出度いことなのでしょうか?

年末年始の雰囲気が嫌い

私は、クリスマスから年末年始にかけての時期が、と~っても苦手です(大汗)。
気がついたら、ある時から苦手になっていたんですね。
子どもの頃には勿論、クリスマスや大晦日といったイベントは、とても楽しみでしたよ。
しかし、社会人になり歳を重ねるにつれ、憂うつになっている自分に気づいちゃった訳です。

  • 世間に漂う浮かれた空気…心がざわついて疲れます
  • 年末年始のテレビ特番…全く観なくなりました
  • 大晦日のカウントダウン…迎える前に寝ています

私は、社会人になって早々、適応障害と抑うつ状態に悩まされ、うつ病にまで悪化した経験があります。
ですから、年末年始が楽しめなくなったのは、うつ病が原因だと思っていました。
でも、よくよく考えてみると、うつ病が寛解した今でも、相変わらず楽しめないんですよね。

そして、本を通じてHSP気質という言葉に出会い、これが原因のひとつだと確信しました。
確かに、ある程度の歳を重ねたことも、影響しているとは思います。
それにしても、年末年始の雰囲気に違和感を覚えるのは、私だけでしょうか?

HSPって何?…こんな記事も書いています☝

初詣って行く意味あるの?

正月三が日には、世間は初詣で大賑わいです。
地方都市でも、その地域でメジャーな神社へ向かう道路は、自動車の列が延々と連なりますよね。
せっかくの正月休みに、そこまでして参拝に行くのって…、と思ってしまいます。
ご利益があればいいのですが、果たしてどれ程の意味があるのでしょう?

私は、とある機会に「因果の道理」という言葉を教わってから、神頼みを一切しなくなりました。
因果の道理とは仏教の言葉でして、よく使う言葉で言うと「自業自得」のことです。
善い行いをすれば善い結果が返ってきて悪い行いをすれば悪い結果が返ってくる
思い返してみれば、自分の周りで起きることって、この言葉の通りなんですよね。

ですから、今の私は…

  • お守りの類は持たなくなりました
  • 持っていたお守りは全て捨てました
  • でも…、罰が当たった記憶はありません

そういえば以前、初詣の餅まきで将棋倒しになったという、目も当てられない事故がありましたよね。
神頼みに集まった人々が事故に遭うなんて、実に滑稽なことだなと思いませんか?

もちろん私は、今年の初詣は行っていませんし、今後も行くことはないです。
因果の道理を教わったおかげで、根拠のない迷信に振り回されず、身の周りもシンプルになり、まさに一石二鳥です♪

自分を信じてシンプルに暮らそう☝

年末年始の意義とは?

年末年始の行事はどれも、業界が金儲けのために企てたものばかり…。
一般消費者である私たちは、その行事に振り回されているのだと感じます。
ですから、年末年始だからと浮かれることはせず、生活リズムを乱すことなく淡々と、普段通りに過ごせばいいと思います。
傍から見れば、浮世離れした変わり者に映るかもしれませんが、この心の持ち方はHSP気質にも向いていると思います。

門松は 冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし

これは、一休さんでお馴染み、一休和尚の言葉です。
冷静に考えれば、年末年始とは言えども、日付がひとつ変わるだけのことです。
少なくとも、ひとつ歳を取ってしまうのですから、お目出度くはないですよね。

だから私は、「明けましておめでとうございます」という言葉は、なるべく使わないようにしています。
あえて言うなら、「新年のご挨拶を申し上げます」でしょうか。
世間的に考えても、この言い回しが無難でいいと思うんです。(相手の人が喪中の可能性もありますから…。)

最後に、年末年始の意義とは…

歳を取っていく現実に目を向け、自分を見つめ直すこと

そう思いませんか?

思いテーマですが…大事なことだと思うのです☝
タイトルとURLをコピーしました